«  2020年1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2020年1月 9日

13 《調整9回目》【バイトチェック】


08.24正面.jpg

08.03上顎咬合面.jpg

08.24下顎咬合面.jpg


上下ともに理想な位置へと歯が並んできました。
今日は、上下ワイヤーとゴムを外し、歯の型を採りました。
そして模型を作り、模型上で噛み合わせが正常なのか確認してもらいました。
歯並びも噛み合わせも正常になってきたので、次回、上の歯のブラケットを外すことになりました!
下はもう少し歯並びが安定するまでは、ブラケットをつけたままにします。
ブラケットを外したあとには、後戻りをしないようにマウスピースを作り、保定します。

【保定とは、】
歯列矯正によって理想の位置へ歯を並べたあと、動かした歯が治療前の元の位置に戻ろうとし、再び歯並びが悪くなるのを防ぐことです。
矯正治療で歯並びや、噛みあわせを治した後に、矯正装置を外してしばらくの間は、動かした歯の周囲の組織が不安定で元に戻りやすく、安定するには相当の時間がかかります。 よって、矯正治療が終了した後も、リテーナーを使用して、現状を維持しながら安定していくよう保定します。

12《調整8回目》【ブラックトライアングルについて】

《調整8回目》
顎間ゴムの効果
開始時
07.02顎間ゴム.jpg

ゴム着用から1週間
07.09顎間ゴム横から.jpg

7回目調整日から1ヶ月
08.03顎間ゴム横から.jpg

顎間ゴム、しっかりと効果が出ました!
上下の歯が噛み合うようになりました!
すぐにやめてしまうと後戻りするので、安定するまでは今まで通りゴムは装着します。
装着時間は、食事、歯磨きの時以外は終日、一日中装着しています。


今回の調整では、ブラックトライアングルという歯と歯の間に三角の隙間ができ、見た目が気になる...ということで先生にはの両端をわずかに削ってもらい、ブラックトライアングルを改善していただきました。
調整直後は、すきっ歯...?と少し気になりますが、ご安心ください!
私は、1日でしっかりと隙間が埋まり、ブラックトライアングルは無くなりました!!
上の前歯の切端の形が隣の歯と違い、気になっていたので隣と形が合うように少し先端を削ってもらい、すごく綺麗な並びました!
08.03正面.jpg
【ブラックトライアングルについて】
ブラックトライアングルとは、歯と歯の間の根元部分にできる、黒い三角形の隙間のことです。
成人の方は、矯正歯科治療中のブラッシング圧が強いと歯肉が退縮する事もあります。まあ、歯茎の中の歯槽骨に収まっています。矯正治療は、この歯槽骨の中で歯根を動かし歯を並べますが、治療過程上で、歯槽骨が薄くなることがあり、歯肉が少し下がることがあります。
ブラックトライアングルが大きいと、食べ物が詰まったりすることがあります。
改善方法のひとつとして、歯と歯の隣接部をわずかに削って歯を寄せることで隙間の形が、三角形からホームベース型に近づき、隙間が減るだけでなく、歯が点接触から面接触になり歯列が安定します。
ブラックトライアングルが完全に改善できるわけではないのですが、このような方法で改善します。

11《調整7回目》【顎間ゴムについて】
6/22
《調整7回目》
前回
05.28上顎咬合面.jpg

今回
06.22上顎咬合面.jpg


前回
05.28下顎咬合面.jpg

今回
06.22下顎咬合面.jpg

上の前から2番目の歯が内側に入り、下の歯の先端と当たっていたので当たらないようにワイヤーを調整してもらいました。
下の歯は綺麗に並んできたので、前回よりも太めのワイヤーに交換してもらいました。
上下ともに、矯正前の歯並びと今の歯並びを比べてみると、すごく綺麗に並んできたことがわかります!

矯正開始時
01.31.jpg


矯正途中
06.22正面.jpg

〔調整から1日目〕
痛むほどでは無いのですが、締め付けられている感覚は少しありました。
〔調整から3日目〕
上下前歯で食べ物を噛むと、少しだけ鈍痛がでてきました。
〔調整から5日目〕
痛みも締め付けられている感覚もなくなりました!


《下の前歯のブラケット付け直し》
下の左前歯は矯正前には少し捻れがキツかったため、歯の中央にブラケットをつけることができませんでした。
その歯も綺麗に並んできたので、ブラケットを中央に付け直してもらいました。
そして右の上下の噛み合わせに隙間ができていたので、隙間を閉じるために右下の4つ目の歯にブラケットを追加で付け、右上の3つ目の歯と右下の4つ目の歯に顎間ゴムという小さな輪ゴムを引っかけ、上と下の歯を引き寄せ、隙間を閉じるようにします。
このゴムは取り外しを自分でします。
先生からの指示により、装着時間は異なりますが、食事と歯磨きする時以外は装着します。

07.02顎間ゴム正面.jpg

〔調整日当日〕
上下につけたゴムで上下が引き寄せられる感覚があります。
夜からは、歯に何か当たると少し違和感がありました。
〔調整から1日目〕
ゴムで引き寄せられているので、鈍痛がありました。
上下の隙間が徐々に閉じてきている気がします!
〔調整から3日目〕
引っ張られている感覚はありますが、鈍痛がなくなりました!


【顎間ゴムについて】
顎間ゴム(エラスティック)とは、ご自身で着け外していただく、ゴムのことです。
直径5〜10mmと小さな矯正治療用の天然ゴムです。

IMG_0005.JPG

ゴムの太さや直径で強さが何段階にも分かれており、動かしたい歯の数や距離で選択します。
07.09顎間ゴム横から.jpg

上下の矯正装置についているフックに自分で引っ掛けて使用します。
食事の時には、一度外して、食後に新しいゴムを装着します。
使い捨てなので一度装着し、外したゴムは、捨ててください。
顎間ゴムの使用目的は、引っ張り合う事で上下の歯並びを上下左右に動かし、バランスを整え、改善を早めます。
基本的には食事、歯磨きの時以外は、装着するようにします。
着け外しするため、患者様のご協力が不可欠な顎間ゴムですが、しっかり使うか使わないかで、治療期間や、矯正治療の仕上がりが大きく変わりますので、しっかりと装着してください。

2019年8月 7日

《調整6回目》
前回
05.07正面.jpg

今回
05.21正面.jpg

前回
05.07上顎咬合面.jpg

今回
05.21上顎咬合面.jpg

前回
05.07下顎咬合面.jpg

今回
05.21下顎咬合面.jpg

上の左の前歯(左上1番)が少しまだ捻転しているのが気になったので、ワイヤーに段差を入れ、調整してもらい、ゴムで留めてもらいました。
下は、引っ込んでいた歯がかなり前へ移動してきたのが、しっかりとわかります。
今回もワイヤーを二重にし、綺麗に並ぶよう調整してもらいました。

〔調整から1日目〕
調整から数時間後...唇に力を入れると上の前歯が少し響くような鈍痛が...
今までの痛みに比べると、まだまだマシなのですが、綺麗に並ぼうと動いてるのだなーと感じます。
〔調整から3日目〕
下の引っ込んでいた歯に食べ物が当たると鈍痛が始まりました。
上の前歯は、鈍痛がマシになりました。
〔調整から7日目〕
痛みはなくなりました!

《下顎のみ調整》
調整6回目から1週間後、下の引っ込んでいた前歯が隣の歯に寄っていったためにすきっ歯になってしまいました。
先生に相談したところ、スペースも十分確保できたため、二重にしていた柔らかいワイヤーを外し、ホワイトワイヤーのみに交換してもらいました。

調整から3時間後には、引っ込んでいた前歯が前へと動き綺麗に並んできました!
なにもしていなくても少し痛みがありました。
〔調整から2日目〕
下の前歯は、食べ物が当たると鈍痛...。
前歯では食べ物を噛まないように気をつけて食事しました。
〔調整から5日目〕
鈍痛はなくなり、普段通り食事することができました!
〔調整から13日目〕
またまた鈍痛が...唇に力を入れ、唇に歯が当たるだけで少し痛みが...
〔調整から16日目〕
痛みがなくなりました!

【矯正治療による金属アレルギーについて】
どの成分にアレルギー反応を起こすのかを、皮膚科で検査していただき、アレルギー反応を起こす成分が入っていないかを確認してください。
もしも、アレルギー反応を起こす成分が入っていたとするとご相談いただき、他の方法で矯正治療ができるのかを検討し、提案させていただきます。

金アレ.jpg


【調整5回目】

前回
04.13正面.jpg

今回
05.07正面.jpg

前回
04.13上顎咬合面.jpg

今回
05.07上顎咬合面.jpg

前回
04.13下顎咬合面.jpg

今回
05.07下顎咬合面.jpg


今回は、上の歯はワイヤーをとめるゴムを交換してもらい、下の歯は、スペースが拡がってきた部位に細めの柔らかいワイヤーを通してもらい、その上からホワイトワイヤーを二重に通しています。
スペースが狭まらないよう、スペース確保のためバネは今回も入れています。
スペースはかなり拡がってきたので柔らかいワイヤーで徐々に前へ引っ張るように細いワイヤーを追加し、また他の歯は綺麗に並んできている歯並びは崩れないよう、ホワイトワイヤーのままです。

〔調整から5日目〕
下の引っ込んでいた歯が前へと引っ張られてきました。
痛みは全くないです!

【なぜ歯磨きが重要なのか】
*歯磨きが十分にできていないと装置が外れる原因となる。
*ブラケットに歯垢や歯石が付着していると、ワイヤーに沿って動く歯の動きが悪くなる。
*虫歯になってしまうと、一旦ブラケットを外し、一般歯科での虫歯治療が必要となります。
そのため、矯正治療期間が延びてしまう。
装置が付くと汚れが溜まりやすくなり、歯磨きが不十分だと虫歯になりやすくなるのでしっかりと歯磨きをしてください。

矯正治療がスムーズに進むよう、しっかりと歯磨きしてください。

【調整4回目】
上の歯はだいたい綺麗に並んできたので微調整してもらい、下の前歯はもう少しスペースが欲しいため、またまたキツめのバネを入れてもらいました。

前回
03.20正面.jpg

今回
04.13正面.jpg

前回
03.20上顎咬合面.jpg

今回
04.13上顎咬合面.jpg


前回
03.20下顎咬合面.jpg


今回
04.13下顎咬合面.jpg


〔調整から2日目〕
今回は少し下の前歯に鈍痛があります。
広げられているなーという感じがします。
〔調整から3日目〕
歯に力がかかると鈍痛がありました。
〔調整から5日目〕
痛みがなくなりました。

【歯磨きの方法】
粒状の部品(ブラケット)が付くとかなり磨きにくくなります。
歯磨きは毎日することなので初めは磨きにくいですが、徐々に上手に磨けるようになります。
患者様は、毎回来院時にはいつも通りに歯磨きをしてから来院してください。
磨けていないところがあると、どこが磨けていないのかご自身で確認していただき、歯磨き指導をさせていただきます。
来院時だけ、綺麗に磨いてきてくれる方がいらっしゃいますが...今日だけ綺麗に磨いてきてくれたんだなとバレています...

ブラケットをつけた日には、歯ブラシを二本お渡しさせていただいています。

*山型の歯ブラシ
ブラケットブラシ 山型.jpg


ブラケットブラシ 山型2.jpg

山型の歯ブラシはブラケットの上下、歯と歯茎の境目、歯の先端を磨きます。
ブラケットの溝にも汚れが付着します。
ブラケットの上も優しく磨いてください。

*タフトブラシ
ブラケットタフト.jpg
タフトブラシはブラケットの左右、歯と歯の間を磨きます。

基本的に、必ず磨いていただきたい部分があります。

IMG_8820.JPG

・歯と歯の間
・奥歯の噛み合わせ部分の溝
・歯と歯茎の境目

これをしっかりと磨くことで磨き残しなく、磨くことができます。



【調整3回目】
上の左前歯が前回よりは隣の前歯と並んできたかなと思います。
下の前歯が並べるスペースを拡げるのにはまだまだ時間がかかりそうです。

前回
02.16正面.jpg

今回
03.20正面.jpg

前回
02.16上顎咬合面.jpg

今回
03.20上顎咬合面.jpg

前回
02.16下顎咬合面.jpg

今回
03.20下顎咬合面.jpg


今回は、上下ともにワイヤーを太いものと交換しました。
上のワイヤーが太くなり、ワイヤーの種類も変わったので、ぎゅっと固定されている感じがします。
痛みも、違和感もなく過ごせています。

【今回交換したワイヤーについて】

03.20正面.jpg


09.12ブラケット.jpg

ワイヤーは、近くで見るとシルバーのように見えますが少し離れてみると光がワイヤーに反射する金属反射率を利用して白く見えます。ブラッシングで剥がれたり、着色することなく耐久性に優れています。
日本人の歯の色真っ白ではなく、少し黄色よりなのでその歯の色に馴染むようにも作られています。
ワイヤーの種類をホワイトワイヤーに選択すると、太めのワイヤーを使用する段階から、このワイヤーを使用します。
下のホワイトワイヤーは、金属ワイヤーの表面にホワイトコーティング処理を施しています。
口腔内環境にもよりますが、数か月するとホワイトコーティングが剥がれてくることがあり、その度に交換が必要です。
上のワイヤーは、コーティングが剥がれてくることはありません。

1メートルほど離れた位置から写真を撮ってみましたが、上についてるワイヤーがコーティングされている方です。
わたしは、上の歯についているワイヤーがおススメです。


【調整2回目】
2回目の調整の日が来ました。
上顎は、前歯がだいぶ揃ってきました。
少し捻りがきつかった左上の一本がまだ揃ってないので今回はこの歯を揃えるためにワイヤーを調整してもらいました。
下顎は、並べるスペースを拡げるために前回のバネよりも長めのバネをいれ、ワイヤーも少し太めに交換しました。

〔調整から3日目〕
少し下のバネ(オープンコイル)がかかっている歯に鈍痛がありました。
〔調整から4日目〕
鈍痛はマシになりました
〔調整から6日目〕
またまたバネがかかっている両端の歯に鈍痛がありました。3日目の時よりも少し鈍痛がキツかったです。
〔調整から10日目〕
鈍痛がなくなりました!

【オープンコイルスプリング(バネ)】
ワイヤーに通して用いることで、弾性を利用し、(歯牙を正常な位置に移動させ)歯と歯の間を拡げ、スペースを作るときに使用します。
バネ(オープンコイル)をワイヤーに通し、バネをギュッと縮ませた状態でバネの弾性を利用し、歯と歯を押し広げスペースを作ります。

2019年4月25日


【調整1回目】
調整の日が来ました!
前回よりどれだけ歯が動いているのかワクワクします!
比較してみると、少し変化が見られました!

前回の口腔写真
01.31.jpg

今回の口腔写真
02.16正面.jpg


今回からコイルというバネがつきました。
下の歯は重なっている部位がなかなか動きづらいために、コイルというバネを歯と歯の間に入れ、バネの力でスペースを拡げ、スペースが拡げたころに重なり引っ込んでいる歯にワイヤーを通し、並べていきます。
次回はどんなにスペースができるのか楽しみです。


〔調整から1日目〕
バネが入ったので痛みが出るだろうなーと思っていたのですが...痛みがない‼︎
たしかに、バネで押している左右の歯に力がかかると響く感じは少しありますが、痛むほどでもないです。
〔2日目〕
歯に力がかかると響く鈍痛が...
しかし、前回よりもマシな気がします‼︎
〔7日以降〕
鈍痛もおさまり、快適に過ごせています!

【ホワイトワックス】
ブラケットが当たる違和感や痛みを和らげるためのホワイトワックスについてご説明します。
たまにブラケットの角などが唇の裏に当たり、痛みや違和感を感じる時があります。
その時に、ブラケット周りをティッシュでトントンと拭き、乾燥させ、

ホワイトワックス 装着1.jpg

ワックスを丸めてギュっと装置に押し付け、カバーします。

ホワイトワックス 装着2.jpg

ホワイトワックス 装着3.jpg

そうするとブラケットの角の部分がカバーされ、唇の裏側に当たらなくなり、痛みを和らげてくれます!
装置が唇の裏側に当たり痛む時はこれをつけるだけで痛みが和らぎます‼︎
ホワイトワックスは、誤って飲み込んでしまった場合でも大丈夫なので安心して使っていただけます!
歯磨きの時には、ホワイトワックスを外してから歯磨きするようにしてください。

ホワイトワックスの説明も、ブラケットをつけた時に説明させていただいています。

4《部分矯正 開始》

【部分矯正開始】
上の歯8本、下の歯6本に粒状の部品(ブラケット)を取り付けました。
歯科専用の接着剤で粒状の部品(ブラケット)を取り付け、ワイヤーを通し、ゴムなどで固定します。
粒状の部品(ブラケット)の種類は、クリアブラケットとし、ワイヤーの種類は、ホワイトワイヤーを選択しました。

01.31.jpg


クリアブラケットにホワイトワイヤーだと意外とブラケットは目立ちにくいです。

ブラケットをつけた後、痛む場合はどうすればいいのか、歯磨きをどうやってするのか、他、注意事項をしっかりとご説明させていただきます。
ブラケットに固い食べ物が当たると外れてしまう可能性があるので、固い食べもの(フランスパンなど)は、かじらずに、小さくちぎって奥歯で咬むようにしてください。

〔装置をつけてから1日目...〕
唇の裏側にブラケットが当たる違和感がありました。
痛みは無かったです。
痛いものだと思っていたので、痛くない‼︎と驚きでした。
〔2日目...〕
上下左右犬歯のブラケットが唇の裏側に当たりその部分が傷となり痛みがありました。
ホワイトワックスという粘土状の物で、ブラケットをカバーし、傷に当たらないようにすると痛みもなくなりました!
歯の痛みは多少出てきました。
ムズムズする感じがありました。
歯に力がかかるとキーンと響く鈍痛。
痛むということは、歯が動き出しているのだと実感があり、少し嬉しくもありました。
〔3日目...〕
徐々に鈍痛が強くなってきて、響く痛みも強くなってきていました。
とりあえず、痛み止め飲んでおこうと一度だけ痛み止めを飲みました。
〔4日目以降...〕
3日目ほど痛みはなく、歯に何か当たると響く鈍痛ぐらいでした。
〔7日目...〕
やっと装置にも慣れてきてか、唇の裏側にブラケットが当たる痛みや、歯に力がかかると響く鈍痛も全くなくなりました‼︎

私には小さな子供(2歳)がいるのですが、子供と遊んでいる時に子供の頭が私の口に当たった衝撃で、ブラケットが唇の裏側に当たり、唇の裏側から出血しました。
すーごく痛かったです...
いつかそうなるかなと思っていたことが本当に起こってしまいました。
これからは当たりそうになったときはいち早く手でカバーしようと思います。
小さな子供さんがいる方は注意してくださいね!


【マルチブラケット装置の種類】
*メタルブラケット+メタルワイヤー
メタルブラケット.jpg

*クリアブラケット+メタルワイヤー
クリアブラケット.jpg

*クリアブラケット+ホワイトワイヤー

クリアブラケットホワイトワイヤー.jpg

*ブラケットが唇の裏側に当たる違和感、痛みを和らげるためのホワイトワックスのことについては次回ご説明させていただきます。

3《診断》

【診断結果】
*下の左右の親知らずを抜く
上の左右、親知らずはすでに抜歯済みで、
下の左右、親知らずは残ったままなので、歯並びが悪くなる原因でもある下の左右の親知らずを抜歯する

*部分矯正
レントゲン写真を分析していただいた結果、上顎前突(出っ歯)ではなかったため、部分矯正で矯正治療することになりました。

*矯正期間はとりあえず半年くらい
下の前歯のガタつきがきついために期間が延びる可能性あり。
歯の動きは個人差があるため、期間は確実には予測できません。

*部分矯正終了後は、保定装置を作製する
後戻りを防ぐために、矯正後には、上下に取り外し可能な装置を装着します。


次回から遂に矯正治療が始まります!

【Eライン(エステティックライン)について】
Eラインとは鼻筋や口元、フェイスラインのバランスで、横顔の美しさを表します。
顔を横から見て、鼻と顎のそれぞれの先端を結んだラインのことで、エステティックラインの頭文字EをとることでEラインとゆわれています。
唇の位置が"Eライン"上のどこにあるかによって、横顔の美しさを判断することができます。
表示画像.bmp

日本人の基準は"Eライン"上にちょうど上唇と下唇の端がくると理想的といえるでしょう。

2 《検査》


【検査】
・現在の状態を把握するために歯並びの写真を撮ります。
そうすることで、矯正を始めてからの変化を確認することもできます。
検査組写真.JPG

・顔写真を撮ります。
顔写真を正面、スマイル、斜め横、横顔を撮ることで現在の口元の状態を確認します。

・レントゲン写真を3枚撮ります。
パノラマレントゲン
歯の数や虫歯はないか、また歯根の健康状態を確認します。
11.13パノラマ.jpg


セファロ正面、側面レントゲン
出っ歯や受け口などの分析をすることができます 。

セファロ正面
11.13セファロ正面.jpg


セファロ側面
11.13セファロ.jpg


・上下の歯の型をとります
上下の噛み合わせのデータをとることで、歯並びやかみ合わせの問題点などをよりわかりやすく説明します。

模型正面.jpg


【診断】
これらの検査資料を分析し、それを元にこれからの治療計画を説明します。

【歯列矯正をするメリット、リスクとは?】
・メリット
歯並びが良くなることで、顔のラインが整ったり、笑ったときや話しているときの印象が良くなります。
また、横顔のバランス(*Eライン)も良くなります。
歯並びが正しい位置になることで、歯磨きがスムーズにやりやすくなり、磨き残しが減ることによって歯周病や虫歯などのリスクが低くなります。
他には、噛み合わせがよくなることで顎の関節にかかる左右の力のバランスが改善され、顎関節症になるリスクも低くなります。

・リスク
固定式の装置のため、歯磨きがしにくくなり、歯磨きが不十分だと虫歯になる可能性があります。
これを防ぐためにはしっかりと歯磨きをすることが重要になります。
装置がついた際にはブラッシング指導させていただいています。


*Eラインについては次回ご説明させていただきます。

2019年4月 6日

《相談》

私は、上下の前歯がガタついているのは、親知らずが後ろから押してきたのが原因かと思います。


3.jpg


shitaago2.jpg

今までにも歯並びは気になってはいたのですが、矯正は痛い!という印象からこのままでもいいか...と諦めていました。
茶野矯正歯科に働かせていただいているうちに、歯並びが綺麗になっていく患者様をみていると自分も矯正をしたいなーという気持ちになり、矯正をするにあたってどういうこところが大変なのか、どういうアドバイスをしたらいいのかということと、どういう痛みなのかを知っておくことは大切であるという思いと、こんなに綺麗な歯並びになれるのなら院長に相談してみよう!と思い相談させていただき、矯正をしていただくことになりました!
これから私の矯正治療の過程を記録していこうと思います。

私のように歯並びは気になるけれど、矯正する勇気がない...という方の不安を少しでも和らげ、矯正をする勇気の手助けにでもなれれば嬉しいです。

【親知らずとは...】
親知らずは中切歯(最前方の前歯を1番目)から数えて8番目にあり、永久歯(大人の歯)の中で最後に発育します。

IMG_8017.JPG


永久歯は通常15歳前後で生え揃いますが、親知らずは生える時期が概ね10代後半から20代前半であり、親に知られることなく生えてくる歯であることがその名前の由来だとも言われています。
親知らずは一般的には、上あごの左右2本と下あごの左右2本の計4本ありますが、もともと親知らずの無い人や、必ずしも4本が揃っていない人など個人差があります。親知らずの生えてくる場所が不足している、あるいは生える方向が通常と異なるために、埋まった状態であったり、傾いてきちんと生えてこないことがしばしばみられます。

M・Nの矯正日記
茶野矯正歯科クリニック

茶野矯正歯科クリニック
http://www.chano-ortho.com/

当院の矯正治療は、できるかぎり痛みが少ないこと、虫歯や歯周病を防ぐことを重視し、できるだけ抜歯しない方向で考えています。決して治療を押し付けることなく、患者さんの状態やご希望を考慮した柔軟な対応を心掛けています。

患者さま一人ひとりきれいな歯並びというゴールに向かって、道具と知識と経験を駆使して満足のいく治療をご提供したいと考えています。