«  2017年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2017年11月30日

こんにちは、寒くなったり暖かかったりで風邪が流行ってきていますね

娘の矯正治療も始めてから4ヶ月ですが、上の歯はキレイに並んできています。
下の歯は重なりあっている所があるので、
今回はワイヤーの間にコイル(バネのような物)を入れて
歯と歯の間に隙間を作っていきます。


コイルでスペースを作るため少し力がかかった為、痛みがありましたが
1~2日でおさまりました。
今回もワイヤーをとめるゴム(Oリング)を、体育祭があり応援団のをチアを
するのでカラーモジュールにしました。
矯正をファッションの一部として本当に楽しんでいます。
矯正治療をするのに、初めは抵抗があるかもしれませんが
現在本当に多くの方が治療されているので、違和感も少なく
将来やっていて本当に良かったと思っていただけると思います。
娘の事も、先生にお願いしてよかったです。
相談に来ていただいた方にも、娘の話をさせていただいたり
しています。(私は矯正治療していないので)
始めたいけど...と悩まれてる方、お気軽にご相談下さいね。


医院もクリスマスツリーを出し、BGMもクリスマスソングが鳴っています。

christmas tree.jpg

今年もあと1ヵ月、お身体壊さなようご自愛ください。

2017年10月14日

肌寒くなって秋らしくなってきましたね。季節の変わり目、風邪など引かないように
気をつけてくださいね
娘の矯正も、1ヶ月~1ヵ月半に一度の治療で順調に進んでいます。
ブラケットを付けていると、自分では磨き残しがあるんじゃないかな?と
不安!毎回衛生士さんがチェックしてくれて指導してくれるので
喜んでます。
治療の方は、ワイヤー微調整をして歯を動かしています。
ワイヤーにはたくさん種類があり

初      細い丸いワイヤー
↓      太い丸いワイヤー
↓      細い四角いワイヤー
最終段階   太い四角いワイヤー
と交換して力をかけていきます。
前回まではワイヤーをとめるゴムを透明にしていましたが、
少し遊びをいれたくなったようで...カラーモジュールというものにしました。

山崎 愛海_2017_ 4_26_001.jpg
その訳はSNSです。
インスタグラムのハッシュタグで「矯正女子」などがあり,矯正治療を投稿しているのを見て娘も楽しんで治療を受けるようになりました。
*食べた直後のSNSアップは注意だそうです。
皆さんも一度インスタグラムの#矯正女子を検索してみて下さい。

2017年9月30日

先日育休中の東さんが、赤ちゃんを連れて医院にお顔を見せに来てくれました。
抱っこさせていただきましたが、めっちゃかわいくて仕事せずに一緒に居たかった😢
東さんも、元気そうで母の顔になっていました。しばらく子育てに専念されるそうですが、
また一緒に仕事できる日を心待ちにしています。


IMG_0261.JPG

2017年8月24日

☆医院お食事会☆
まだまだ暑い日が続いています。
もうすぐ、岸和田だんじり祭りですね!
参加される方、見に行かれる方は気をつけてください。
私も大好きなので行きます~

先日、お食事会がありました。
衛生士の山本さんが9月に出産されるので、8月末で一旦お休みに入ります。
元気な赤ちゃんを産んでもらって復帰を待っています。
寂しくなりますが、新しい出会いもあり衛生士の車戸さん、受付・歯科助手の尾後さん
アルバイトのすずちゃんが、一緒に働いてくれる事になりました。
と、いうことで先生が送迎会・歓迎会を兼ねてごちそうしてくれました。
総勢12人で和泉大宮の米栄で、コース料理をいただきました。

IMG_0158.JPG


おいしい物を食べて、仕事の事・家の事・彼氏の事・学校の事など私の子どもと近い年齢のスタッフもいますが、みんなととても楽しく話せて活力になりました。
また患者様に笑顔で接して、患者様が気持ちよく治療を受けていただけるように
心がけて参りますのでよろしくお願いします。
現スタッフ・新しいスタッフみんな気さくなあたたかいスタッフですので
なんでも話しかけていただけたら嬉しいです。

IMG_0176.JPG


~患者様へ お詫びとお願い~
現在、土・日曜と平日の夕方の時間帯が非常に混み合い、新規のご予約や日時変更が患者様のご希望に沿えない状況もみられ、スタッフ共々、誠に申し訳なくお詫び申し上げます。
当クリニックと致しましても、患者様のご希望日時に極力ご予約をお受けするよう今後とも努めて参りますが急なご予約の変更やキャンセル時の再予約につきましてはご希望に沿えない場合もございますことを、どうぞご理解の上、ご容赦下さいますようお願い致します


2017年7月27日

投稿が少しあきましたが、治療は順調に進んでいます。
私(親)としては、下の歯のガタガタが気になっていました。
歯が重なっていると、虫歯にもなりやすくフロスも通すように!と
言ってましたが、なかなか高3にもなると都度都度言っても、聞いてるのか聞いていないのか?
キレイに歯列が揃うと咬み合わせも良くなり、職業柄か口元に目がいってしまうので
キレイに手入れされてる方を見ると好感を持てます。(私の考えですが)
これから進学、就職に進んでいくにあたりいい矯正できよかったなと思います。
治療ですが、今回は下の歯にブラケットをつけました。
前回上の歯にブラケットをつけた時には、数時間後には少し痛みが出てきましたが、
今回は、当日は何ともなく次の日から違和感、少し痛みが出てきたようです。
歯の動く力で、少し痛みがありますが、当院に通ってもらってる小学生のお子様でも「我慢できないので嫌や!」という方はおられません。
年齢が若いほど、歯が動くのが早く慣れてくるのも早いです。
今回は、ブラケットが擦れて口内炎が出来ましたが、痛みを防ぐワックスをお渡ししています。ワックスをブラケットにつけてもらい痛みを防いでもらっているので、娘も1~2日ワックスを付けていました。
今回で上下ブラケットついたので次回からは、歯の動き方で調整していってもらいます。

山崎 愛海 正面.jpg

山崎 愛海 下から.jpg


山崎 愛海 下顎咬合面.jpg

2017年5月25日

いよいよ矯正スタートしました。
まずは上の前歯につぶの装置(ブラケット)をつけて、ワイヤーの力で歯列を綺麗に並べていくのですが、ブラケットにも種類がありメタルとクリアの物があります。
オプションにはなりますが、高校3年生で気にする年頃なので、ブラケットがクリア、ワイヤーがホワイトの物を選びました。

山崎 愛海 上装置_2017_ 3_ 9_001.jpg

山崎 愛海 上装置_2017_ 3_ 9_002.jpg


山崎 愛海 上装置_2017_ 3_ 9_003.jpg


付けた直後は、何ともなかったようですが、3~4時間後ぐらいには歯の浮いた様な感じとぎゅっと締め付けられている感覚、噛むと痛むなどの症状が出てきました。若いので歯が動きだすのも早いようです。
衛生士さんから2~3日個人差はありますが、痛みのある間は食べずらいかも知れませんがすぐに慣れますよ。と聞いていたので本人はダイエットになると喜んでいました。が、普段と何の代わりもなく食べれていました。
就寝中は、痛みが強くなったようで1度だけ痛み止めを飲みましたが、翌日にはケロッとしていました。ブラケットの装置は、取り外しが出来ないので専用の歯ブラシで、丁寧に行わないといけませんが、矯正をはじめる前はさっと磨く程度だったので、今は丁寧に時間をかけて磨いてくれてちょうどよかったです。
1週間ほど経ち何の違和感もなく過ごせています。
次回は、下の前歯にブラケットをつけていきます。

2017年3月16日

このたび高校3年生になる、娘が矯正を始める事になりました。
本人はそれほど気にはならなかった様ですが、歯と歯が重なっていました。
私が、毎日職場で矯正治療を受けて綺麗になってる方々を見て、歯が綺麗になるとすごく
印象が変わり、いいなと思い先生に娘の事を相談しました。
今の状態を、確認するためにレントゲン、セファロ(頭部X線写真)、口腔内・顔写真、歯型などを採り検査をしてもらいました。

検査の結果を分析してもらい診断を受けました。レントゲンの結果親知らずが4本あり、横の歯を押しているので、まず親知らずの抜歯をしないといけないということでした。山崎 愛海_2017_ 1_26_001.jpg

セファロ分析の結果は、あごが出ているなどはなく標準でしたので、比較的簡単な部分矯正での治療になりました。

山崎 セファロ正.jpg

山崎 セファロ側 (2).jpg

上下6本に、ブラケット(つぶの装置を歯の表面に付け、ワイヤーで固定するもの)をつける矯正でおおよそ半年ほどで綺麗に並ぶということでしたので、治療をお願いすることにしました。
次回上の歯にブラケット装置を付けるので、また経過、感想をお伝えしたいと思います。


2016年12月18日

今年もあとわずかになり慌ただしい時期になってきました。
世間ではクリスマスで賑わってますね。
皆さまはどんなクリスマスをお過ごしになるのでしょうか。

当医院でも受付にクリスマスツリーを飾ってます。
去年よりオーナメントも増え、より立派なツリーです。
IMG_2161.JPG

綺麗なシクラメンもクリスマスの雰囲気が出てステキですね。
IMG_2162.JPG


クリスマスが終わればお正月です。
年末年始のお休みです。当医院のお休みをお知らせいたします。
IMG_2164.JPG

2016年10月27日

お祭りも終わり、朝晩涼しくなってきましたが体調など崩されていませんか?
食欲の秋ともいわれてるように秋は旬の美味しい食べ物がたくさんありますね。
秋刀魚、栗、柿、マツタケ、銀杏等、思い出すだけでも食べたくなりますね。
美味しいものを食べて体力をつけましょう。

前に舌癖のある症例をご紹介しました。
舌はトレ-ニングするだけではなかなか改善が難しいので、タングクリブ付(舌突出癖を防止する柵)の装置を入れました。
舌癖、吸指癖を防止したり過剰な舌圧を排除する目的で使用されます。
一見、前から見ると普通の取り外しの装置と変わりません。
福井 奈瑠_2010_ 5_29_001_2010_ 5_29_001.jpg
が、お口の中の装置はこんな感じです。
福井 奈瑠_2010_ 5_29_001_2010_ 5_29_002.jpg
構造はレジン床と金属製のワイヤ-によって構成されています。
金属製のワイヤ-が格子状に配列されており、舌が物理的に飛び出せなくなっているのがわかります。
この装置とおうちでの舌のトレ-ニングを併用して改善を試みます。
次回からは経過をご報告していきます。

2016年9月15日

9月11日(日)に院長と歯科衛生士 東、山本の3人で
第34回近畿矯正歯科研究会に参加してきました。


IMG_0061.JPG

近畿から参加の先生はもちろんの事、他府県から参加になられている先生方や普段お世話になっている業者の方もいらっしゃいました。


IMG_0085.JPG


IMG_0089.JPG


IMG_0095.JPG

院長はこの会の編集長をしており、当日も写真を撮ったり忙しくされていたので
私たちは色々な先生方の症例展示を見たり
その症例を先生が解説してくれるツアーに参加したりしました。
院長が準備した症例展示もあり、他の先生や歯科衛生士さんもご覧になられていました。


IMG_0069.JPG

IMG_0077.JPG



お昼は業者さんが用意して下さったお弁当を食べながら、新商品の説明を聞き


IMG_0141.JPG


IMG_0145.JPG


午後からは講演を聞きました。


『歯科矯正用アンカースクリューを用いた治療法』

IMG_0170.JPG

『子供たちの未来を守る食生活のあり方について』

IMG_0186.JPG


1つめの講演はDr.向けだったので内容が難しかったのですが、歯並びが治っていく様子を写真で見ることが出来面白かったです。

2つめの食育の講演は自分の食生活を見直すいい機会になりました。


今回、初めて学会に参加させて頂き、新しい事もたくさん知ることが出来ました。
これからの仕事にいかせていけたらと思います!

2016年8月25日

暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?
楽しみにしてたリオでのオリンピックも終わり寂しい反面、暑い夏が
終わるのですごく嬉しいです。
夏もあと少しなので夏バテなどせず、乗り越えましょう。

前々からお話させていただいてた舌癖のお話ですが、実際の症例を交えて
お話させていただきます。

初診時7歳4ヶ月。
舌癖があり口腔内写真を撮ると自然と舌が前歯の隙間から見えてます。
福井 奈瑠.jpg

このように舌が見えていると、常に前歯の間に舌があるので、
前歯がかみ合わない開咬の状態になります。
舌を上手にコントロ-ルできないのでご飯や飲み物を飲み込むときも、
舌が前歯の隙間からみえてきます。
患者様とご家族のご協力のもと、低年齢の内に舌のトレ-ニング(MFT)と装置を併用して改善を目指します。

次回から装置を使っての症例もご紹介していく予定です。

2016年6月24日

梅雨の季節がやってきて、ジメジメした毎日ですね。梅雨明けが待ち遠しいです。

今回はお口の中の悪癖のひとつ

指しゃぶり

についてお話ししたいと思います。

生後1歳ぐらいまでの指しゃぶりは本能による生理的なものですが、1〜2歳になるとおもちゃなどで遊ぶようになり少しずつ指しゃぶりの頻度は減っていきます。
3歳を過ぎ...
5〜6歳まで頻繁な指しゃぶりが続いている場合

歯並び、噛み合わせに大きな影響が出てきます。

前歯が噛み合わない(開口)


指しゃぶり時に指を噛んでいる影響で上と下の歯が噛み合わず、前歯の間に隙間があく


指吸い2_2016_ 4_ 3_001.jpg


指吸い2_2016_ 4_ 3_002.jpg


指吸い2_2016_ 4_ 3_003.jpg


出っ歯(上顎前突)


しゃぶっている指が上の前歯を持続的に押しているので、上の前歯が前に出てくる


指吸い1_2015_ 8_18_001.jpg


指吸い1_2015_ 8_18_002.jpg


指吸い1_2015_ 8_18_003.jpg


この様に前歯が噛み合わない+上の前の歯が前に出てくる場合もあります。

3歳を越えても頻繁に長く指しゃぶりが続くようであれば、やめるようにトレーニングしましょう!


2016年5月26日

こんにちは、東です。

早いものでもう6月ですね。
1年の内、半分が過ぎてしまいます。
これから梅雨シ-ズンですが、夏が近づくと花火に海に山に・・・と気分が上がるものがたくさんです。

先日、茶野矯正歯科では歓送迎会をしました。
お世話になった先輩歯科衛生士さん、これから一緒にお仕事させて頂く助手さん達とわいわい喋りながら食べるお肉はとてもおいしかったです。
個室を用意してもらい、おなかペコペコの私達はお喋りよりも食欲に火がつきました。
デザ-トまでおいしく頂き、楽しいひとときでした。
IMG_9497.JPG

西村 お肉.jpg

~患者様へ お詫びとお願い~
現在、土・日曜と平日の夕方の時間帯が非常に混み合い、新規のご予約や日時変更が患者様のご希望に沿えない状況もみられ、スタッフ共々、誠に申し訳なくお詫び申し上げます。
当クリニックと致しましても、患者様のご希望日時に極力ご予約をお受けするよう今後とも努めて参りますが急なご予約の変更やキャンセル時の再予約につきましてはご希望に沿えない場合もございますことを、どうぞご理解の上、ご容赦下さいますようお願い致します。

2016年4月21日

桜の季節も終わり、暖かい日も増えてきましたね!
みなさんいかがお過ごしでしょうか^^


矯正はいつから始めたらいいですか?と、聞かれることがあります。
症状によって使う装置も違うのでスタートの時期も人それぞれなのですが
今日は一番早くスタート出来るの矯正のお話をしたいと思います!

それは3歳~4歳の反対咬合(受け口)の矯正治療になります。

下顎前突1.jpg

下顎前突2.jpg


この様に、下の歯が上の歯より前に出てしまってる歯並びの場合

ムーシールド
と呼ばれる既成の装置で改善が見込めます。
この装置は既成の装置ですので、歯型を採ったりする必要がなく小さいお子さんでも使っていただけます。
また直接歯を移動させる装置ではなく、歯並びに影響する筋機能を整える装置です。


IMG_4302.JPG


IMG_4301.JPG

IMG_4300.JPG

反対咬合の原因のひとつに舌が低い位置で機能している事です。
ムーシールドを使って舌を正しい位置で機能させる事で咬合を改善させる治療になります。

口の中に入れて、舌を上に上げる。

ムーシールド.jpg

この様に装着していただきます。
痛みもなく無理なく使用していただけます!


反対咬合は自然に治る可能性は低く、そのまま成長してしまうと下顎の骨を切断して縮めるという手術をしないと治らない場合があるので早期の治療をオススメします^^

2016年3月24日

こんにちは。
歯科衛生士の東です。
朝晩はまだまだ寒く、日中は日差しが暖かく汗ばむ季節になりましたが、いかがお過ごしでしょうか?
今回は舌の癖についてお話したいと思います。
日ごろ夢中になって本を読んだり、テレビを見ているときに口をポカンと開けて上下の歯の間に舌を出していたり、食べ物を飲み込むときに舌を突き出し、歯を押し出す癖のことを舌癖といいます。
では、舌の正しい位置はどこにあるのでしょうか?
舌癖 東.png.jpg
上あごの前歯の後ろにポコッとしたふくらみがあります(スポット)。そこに舌の先をとがらせてつけて下さい。
この時、舌の先は丸まっていませんか?

当医院では舌癖の見られる患者様に、舌のトレ-ニングを行っております。
ご家庭でしっかりトレ-ニングされている方はかなりの改善がみられます。
無意識のときでも舌がスポットの位置にあり、歯を押し出したり口唇が開いたりしてこないことを目標にしています。

2016年2月25日

皆さま、こんにちは!
歯科衛生士の山本です。
インフルエンザがさらに流行しているようですが、体調は大丈夫でしょうか?

今日は歯並びが悪くなる要因について、お話したいと思います。

まず1つめ...
遺伝
お父さんやお母さんの歯並びが悪いからといって、必ず子どもも悪くなるとは限りませんが
ある程度歯の大きさや本数など遺伝すると言われています。


2つめ...
食生活などの生活習慣
柔らかい食べ物ばかり食べていると、顎の発達が遅れて歯が並びきらなくなります。

また歯磨きする習慣が定着せず、乳歯に虫歯がたくさん出来てしまって早期に抜けてしまうと、正しい位置に永久歯が生えてこなくなります。

3つめ...
悪癖
舌や唇、普段何気なくしている癖で歯並びが悪くなることがあります。

☆指しゃぶり
3歳ぐらいまで、指しゃぶりが続いてる。

指吸い.png

☆唇を噛む
唇を噛んだり、巻き込んだりしている。

下唇をかむ.png

☆口呼吸
常に口で呼吸していて、口がポカンと開いている。

口呼吸.pngのサムネール画像

☆舌で歯を押す
舌で歯を押してしまって、舌の淵に歯型がついている。

舌癖.png

☆頬杖をつく
片側の顎に負担がかかっている。

頬杖.png


その他、色々な要因が歯並びに影響されます。
もし気になる癖などがありましたら、一度ご相談に来てくださいね!

2016年2月11日

皆さん、こんにちは!
最近、インフルエンザが流行っているみたいですが、皆さんは大丈夫でしょうか?
外から帰ったら手洗いとうがいは忘れずにして下さいね。


さて、ブラケット装置を外して約5ヶ月が経ちました。
今回は今の歯並びの状態を載せたいと思います。


まずは、外した直後の写真です。
兼田 リムーブ時 正面のサムネール画像
兼田 リムーブ時 上顎のサムネール画像
兼田 リムーブ時 下顎のサムネール画像

次に現在の写真です。
兼田 リムーブ5ヶ月後 正面
兼田 リムーブ5ヶ月後 上顎
兼田 リムーブ5ヶ月後 下顎
装置を外した直後の歯並びと変わらず、キレイな状態を保てています。
この状態を保つ為には、やはりリ保定装置(取り外しの装置)をきちんと入れておくことが大切です。

色々な形の保定装置があるので、紹介します。
まずは、私が使っているプレートタイプの装置です。
兼田 リテーナー 上顎のサムネール画像
兼田 リテーナー 下顎のサムネール画像
兼田 リテーナー 正面のサムネール画像


次に前歯だけの小さいタイプの装置です。
兼田 SR 上顎
兼田 SR 下顎
兼田 SR 正面


もうひとつは、歯全体を覆う透明のマウスピース型の装置です。
兼田 AA 上顎
兼田 AA 正面

それぞれの装置には特徴がある為、患者様の元々の歯並びや、装置を外した時の状態、患者様のお仕事や生活スタイルによって選ばせて頂いております。
どの装置にしてもお食事と歯磨きの時以外は入れていて頂くことがキレイな歯並びを保ち後戻りを防ぐ為には大切です。


半年が経過すれば半日ぐらいの使用で大丈夫になりますし、2年が経過すればある程度安定すると言われているので、装置を使わなくてもよくなります。
しかし、矯正をされていない方でも年齢とともに歯並びに変化が生じるのと一緒で、加齢変化は必ず誰にでもあるので、嫌でなければ寝るときだけでも装置を入れ続けておけば一生キレイな歯並びを保つことができます。

私はできる限り装置を入れ続けようと今は思っています。


今回で、『スタッフ エミの出っ歯+ガタガタ矯正日記』は終了になります。
今まで読んで頂いた皆さま、ありがとうごさいました。

2016年1月 8日

遅くなりましたが、
新年あけましておめでとうございます。
皆さまにとって良い年となりますように心よりお祈り申し上げます。

2016年1回目のブログ更新になります。
今回は前回に引き続きビフォーアフターPart2として、横からの顔のレントゲン写真(セファロ)で治療前と治療後の変化をご紹介したいと思います。

顔のレントゲン写真では骨格の状態や位置、前歯の角度などがわかります。
決められた点を線で結び分析することによって平均との差や、顎のバランス、歯のバランスがわかります。
青の線が同世代の女性の平均になります。そして、赤の線が私の線になります。

まず、治療前のレントゲン写真です。
兼田 セファロ側面 治療前
白丸をしている前歯の部分ですが、下の歯が青の線より下がっていて上の歯が青の線より前に出ていてかなりの出っ歯であったことがおわかり頂けると思います。


次は、治療後のレントゲン写真です。
兼田 セファロ側面 治療後
治療前のレントゲン写真と同じ前歯に白丸をしています。下の歯が前に出て上の歯も少し後ろに下がり青の線に近づいています。
パッと見ただけで出っ歯が治っているのがわかって頂けるかと思います。


治療中は毎日、自分の歯を見ているので変化がわかりにくかったですが、この様にデータを分析するとはっきりと成果がわかるので、本当に頑張ってよかったなぁと改めて思います。

大人なので、手術とかをしない限り骨格自体を変化させることは難しいですが、まだ成長期の子供から治療を行うと大きくなりすぎている骨格の成長を抑制したり、小さすぎる骨格の成長を促すこともできます。そうすると、治療前と治療後の変化がもっとわかります。
やはり、子供のころに治療ができれば一番ベストだなぁと感じます。
しかし、大人になってからでも噛み合わせを良くしたり、見た目を良くすることはできるので、悩まれている方は一度、相談してみて下さいね。

患者さまに笑顔になって頂ける様にみんなで頑張りますので本年もどうぞよろしくお願いします。

また、次回もお楽しみに!!

2015年11月12日

皆さん、こんにちは!
かなり寒くなり、そろそろ暖房器具が恋しい季節になりましたが、体調を崩されたりはないでしょうか?

さて、前回ブラケット装置が外れて取り外しの装置になった事をお伝えしましたが、今回は矯正を始める前にした検査と同じ内容のお口の中の写真、お顔の写真、お口のレントゲン、お顔のレントゲン(側面・正面)、お口の型取りをしました。

歯並びが綺麗になり装置を外した直後のデータを残しておく事により、今後後戻りをしていないかなどを確認する時に必要になるので、とても大切になります。


それでは、そのデータを使ってビフォーアフターを紹介したいと思います。


まず今回は、お口の写真を使って歯並びの変化をご紹介します。


一つ目は正面から見た写真です。
兼田 治療前 正面
兼田 治療後 正面
上の写真が治療前で下の写真が治療後になります。
治療前はすごくかみ合わせが深く、下の歯がほとんど見えていなかったのが、治療後には正常なかみ合わせがになり、下の歯が2\3程度見えているのがわかって頂けると思います。


二つ目は横から見た写真です。
兼田 治療前 横
兼田 治療後 横
上の写真が治療前で下の写真が治療後の写真になります。
治療前は明らかに上の前歯がすごく前に出ていて出っ歯でしたが、治療後には上の前歯が下がり出っ歯であった事を忘れるぐらいになりました。

最後は下の咬合面の写真です。
兼田 治療前  下 咬合面
兼田 治療後 下 咬合面
上の写真が治療前で下の写真が治療後になります。
治療前は奥歯が内側に倒れていたり前歯がガタガタでしたが、治療後には奥歯も正しい位置まで起きて前歯のガタガタもなくなりすごく噛みやすくなり見た目にも綺麗な歯並びになりました。


これだけ変化があるとお食事もすごくしやすくなり、両方の奥歯でしっかり噛めるようになりました。

おまけに、治療前(上)と治療後(下)の笑った時の口元をアップにした写真です。
兼田 治療前 スマイル兼田 治療後 スマイル
出っ歯がすごくコンプレックスだったので、治療前は歯を出して笑う事が嫌だったのですが、今は思いっきり歯を出して笑えるようになりました。
矯正中は歯磨きが大変だったり、食べにくいものや食べてはいけないものがあり大変でしたが本当に矯正治療をして良かったと思っています。

次回はレントゲン写真を使ってビフォーアフターをご紹介したいと思います。


インフルエンザや風邪が流行する季節なので、皆さんうがい、手洗いは忘れずにして下さいね!


では、次回もお楽しみに!

2015年10月28日

皆さん、こんにちは!
10月のお祭りも終わり、だんだん寒くなってきました。
特に、朝晩はかなり寒くなっていますが風邪をひかれたりないでしょうか?


矯正を始めて16ヶ月が経ちました。
ついに〜!
装置を外しました〜!
兼田 リムーブ時 正面
兼田 リムーブ時 上顎
兼田 リムーブ時 下顎
自分の歯なのですが、1年ちょっと装置が付いている状態だったので、最初はかなり違和感がありましたがすぐに慣れて快適になりました。
ブラッシングも楽になったのでとても嬉しいです。
しかし、何よりも嬉しいことは歯並びがキレイになって、噛み合わせも良くなったことです!


でも、このまま何もしないと後戻りと言って元の歯並びに戻っていってしまうので、取り外しの装置を入れなければいけません。
兼田 リテーナー 上顎
兼田 リテーナー 下顎
最初は、違和感があり、人によってはかなり喋りにくいですが、きちんと入れていればすぐに慣れてきます。

兼田 リテーナー 正面
私は、上の装置の前は見えにくい透明のワイヤーにしました。
食事と歯磨きの時以外はずっと入れていないといけないので、やっぱり見えにくい方がいいかなぁと思います!
私はあまり気にしないタイプで下はほとんど見えないということで銀のワイヤーにしましたが、下も見えにくい透明のワイヤーにできますよ!


他にも内側のプラスチックの色が選べたり、キャラクターや名前を入れることもできるので、自分だけのオリジナルの装置が作れます。
兼田 リテーナー ブルー
兼田 リテーナー 紫
他にもピンク、クリアー、オレンジ、イエロー、グリーンがあり、キャラクターもたくさんあります。

私は、絶対に元の歯並びに戻りたくないし、今の歯並びをキープしたいのでがんばって食事と歯磨きの時以外は着けようと思います。皆さんもこのリテーナーの装置になった時は必ずがんばって着けてくださいね!

そろそろインフルエンザが流行ってくる季節になっていますので、手洗いとうがいはわすれずに!


次回は、最初の歯並びと今の治療後の歯並びのビフォーアフターを書きたいと思いますのでお楽しみに!


2015年9月28日

皆さん、こんにちは!
9月の岸和田だんぢり祭りが終わりましたね。
最近、朝晩は少し寒いぐらいの気温になっていますが、体調を崩されたりされてないでしょうか?

さて、矯正を始めて15ヶ月が経ちました。
口腔内を見る限りで悪いところはなくなり、全体的にしっかり咬めるようになりました。
兼田15ヶ月下から
兼田15ヶ月サイド
兼田15ヶ月サイド2


そこで、今回は型取りをして模型を作り、奥歯の見えにくいところや内側からもしっかり咬めているかの確認をしました。
兼田 模型
その結果、模型上でも悪いところがないことが確認できたので、ついに次回装置を外せることになりました。
次回、装置を外して久しぶりに何も付いていない自分の歯を見ることになります!
今からとても楽しみです。


最後に毎回恒例のカラーモジュールの紹介です。
兼田15ヶ月カラーモジュール
今回はシルバー1色にしてみました!
白色のモジュールだとカレーなど食べると黄色くなってしまうので嫌だなぁと思うけど、ピンクや青、赤などのカラーもちょっと派手すぎて嫌だという方にシルバーはメタルの装置と一体化するのでモジュールが目立ちにくい為、オススメです!

10月の祭りに参加される方はケガには注意して楽しんで下さいね!

では、また次回もお楽しみにー!!

2015年8月31日

皆さん、こんにちは!
夏休みも終わり、最近は少しだけ暑さがマシになってきましたね。
夏の疲れが出てくる時期になりますが、体調は大丈夫でしょうか?

さて、矯正を始めて14ヶ月が経ち、そろそろ悪いところもほとんどなくなってきました!
今回は、出っ歯が治ってきた過程を紹介したいと思います。

まずは、矯正を始める前(検査時)の写真です。
兼田 検査時 横のサムネール画像
上の歯が斜め前に出ていて、下の歯が後ろに下がっていたので、かなり出っ歯なのがわかって頂けると思います。


次の写真は、上の装置を付けた時(矯正を始めて7ヶ月)の写真です。
兼田 2015/2 横
矯正を始める前よりは下の歯が出てかなり出っ歯が治ってきていますが、まだ上の歯が斜め前に出ていてきちんと前歯で咬み切れませんでした。


次の写真は、矯正を始めて14ヶ月の写真です。
兼田 2015/8 横
上の歯が斜め前に出ていたのが下がり、上の歯と下の歯ののバランスが良くなりました。
そして、前歯でしっかり咬み切れるようになりました。

全体的にもかなり良くなってきて、あとは細かいところを治すのみとなってきたので、あと少し頑張ります。

最後に毎回恒例の今月のカラーモジュールの紹介です。
兼田 2015/8 カラーモジュール
今回は夏ということで、向日葵をイメージして黄色と緑色の2色にしてみました。
よかったら参考にしてみてくださいね。

来月が岸和田だんぢり祭りもあります。参加される方・見に行かれる方は怪我などされないように気をつけて下さいね。
では、来月もお楽しみに!!

2015年7月30日

皆さん、こんにちは。
夏休みに入り、子供たちにとっては楽しい毎日だと思いますが、お母さんたちにとってはとても忙しい毎日で体調を崩されたりされてないでしょうか?

今回は番外編として、最近装置を外された患者様の症例をご紹介したいと思います。


まずは、最初の検査の時の写真です。
南様 検査時 上顎咬合面
南様 検査時 下顎咬合面
上下とも、顎が小さく歯がキレイに並ぶスペースが不足していた為、前歯がガタガタでした。


南様 検査時 正面
そして、咬み合わせもかなり深く、上の前歯に隠れて下の前歯がほとんど見えない状態でした。

次は、装置を付けて約半年後の写真です。
南様 半年後 上顎咬合面
南様 半年後 下顎咬合面
ほとんどキレイに並んできましたが、上顎はまだ2番目(写真の右側)の歯が少し捻れていて、下顎は3番目(写真の右側)の歯が少し捻れている状態でした。


最後は、装置を付けて約1年2ヶ月後の装置を外した時の写真です。
南様 リムーブ時 上顎咬合面
南様 リムーブ時 下顎咬合面
上下とも、前歯のガタガタがなくなりとてもキレイな歯並びになりました。

南様 リムーブ時 正面
咬み合わせも上がり、正しい深さになって、下の歯の1/3程度が上の歯に被さった状態になりました。


南様 検査時 スマイル
最初の検査時のスマイル写真は、あまり歯を見せて頂けませんでした。
南様 リムーブ時 スマイル
装置を外した時のスマイル写真では、しっかり歯を見せて笑って頂けるようになりました。

南様 コメント
そして、このような素敵なコメントを頂きました。
とても喜んで頂けて私達もすごく嬉しく思いました。こんな風に思って頂ける患者様がたくさん増えるように私達も精一杯頑張りたいと思います。


最後に恒例のカラーモジュールの紹介です。
兼田 2015年7月 カラーモジュール
今回は、濃いピンクと薄いピンクで女の子らしくしてみました。
よかったら参考にしてみて下さい。

最近、とても暑い日が続いているので熱中症などにならないようにこまめに水分補給をするようにして下さいね。

では、また来月もお楽しみに!!

2015年6月28日

皆さん、こんにちは!
最近、梅雨入りしてジメジメする季節になりました。気分が落ちたり、体調を崩されたりされていないでしょうか?

さて、矯正を始めて1年が経ちました。歯並びはあとは細かい所を修正する段階まできました!
すごく早い1年だったなぁと感じています。

今回は前にも紹介しましたが、1番気になっていた左下の1番奥の歯がほとんどいい所まできたので、変化を載せたいと思います。

最初の写真は1年前の装置を付けた直後の写真です。
兼田 26.6下顎咬合面
→で示した左下の1番奥の歯が舌側に完全に倒れていました。

次の写真は去年の11月の写真です。装置を付けてから5ヶ月です。
兼田 26.11下顎咬合面
→で示した左下の1番奥の歯は少し起きてきていますが、まだ少し舌側に倒れています。
まだもう少しというところです。

次の写真は1番最新の写真です。装置を付けてから1年です。
兼田27.6下顎咬合面
→で示した左下の1番奥の歯は完全に起きて他の歯と同じ位置まできました。
兼田27.6左サイド
上の歯とも咬めるようになりました。
1年かかりましたが、きちんと咬めるようになりました。
最初より咬みやすくなってとても嬉しいです!


全体的にもあともう少しというところまできているので、もう少し頑張りたいと思います。


今回も最後にカラーモジュールの紹介です!
兼田27年6月 カラーモジュール
今回は12色全部を変えてカラフルにしてみました。
よかったら参考にしてみてくださいね。

梅雨は、細菌やカビが増える季節になるので食中毒などには気をつけて下さいね。
では、また来月も楽しみにしてて下さい。

2015年5月30日

皆さん、こんにちは!!
最近、すごく暑い日が続いていますが体調を崩されたりはないでしょうか?

さて、矯正を始めて11ヶ月が経ちました。
パッと見た感じでは、もう悪いところがなさそうなぐらい綺麗な歯並びになってきました。


今回は、上の前歯の変化について書きたいと思います。

1枚目の写真は前回の前歯をアップにした写真です。
上顎前歯 アップ 兼田
歯は使っているうちに少しづつすり減っていくのですが、私は噛み合わせが悪かったので変な形に削れていたので、右と左で形に違いがありました。

次の写真は今回の前歯をアップにした写真です。
5月 前歯のアップ 兼田
今回、左右でかたちに違いがあったところを少し研磨(機会を使って磨く)して、自然な感じにすり減った感じにしてもらいました。
少しのことですが、研磨する前と研磨した後では見た目がすごく変わったと思います。
だんだん完成に近づいている実感が持ててすごくうれしいです。


最後に毎回恒例のカラーモジュールの紹介です。
5月正面 兼田
今回は6色を使ってカラフルにしてみました!
よかったらまた参考にしてみてください。


最近、熱中症で救急搬送されるというニュースが出始めています。
皆さんも熱中症には気をつけて十分な水分補給をして下さいね!


では、次回もお楽しみに!!

2015年4月29日

皆さん、こんにちわ。
もうすぐGWがきますね。待ちに待った連休!私はとても楽しみです。
皆さんはどうでしょうか?子供達にとったら学校が休みで楽しみだと思いますが、ママ達にとってはいつも以上に大変な日なのかもしれませんね。


さて、矯正を始めて10カ月が経ちました。
今回は側面のセファロレントゲン写真(横顔のレントゲン写真)を使って変化をご紹介したいと思います。

まず、1枚目のレントゲン写真です。
兼田 検査セファロ側
このレントゲン写真は、装置を装着前の検査の時のものです。
赤の←で示したところですが、見たからに下の歯よりも上の歯がすごく出てるのがわかると思います。

次は、2枚目のレントゲン写真です。
兼田 セファロ側 2回目
このレントゲン写真は、最近撮影したものです。
赤の←で示したところですが、検査の時のレントゲン写真に比べて下の歯と上の歯の差が少なくなってるのがわかると思います。
実際は、下の歯が後ろに引き過ぎていたのが前に出てきて正しい位置に近づいてきたので、出っ歯が治ってきています。
こんな風に比べると治ってきているのがよくわかるので、やっぱり嬉しくなります。


最後に恒例のカラーモジュールの紹介です。
今月は2回調整をしてもらったので、2回分を一気に紹介しますね。
まず、緑と黄緑のカラーモジュールで交互に留めてみました。
兼田 4月初 カラーモジュール
兼田 カラーモジュール 4月初

次は、黄色とオレンジのカラーモジュールで交互に留めてみました。
兼田 4月末 正面
兼田 カラーモジュール 4月末
春でお花がたくさん咲く季節という事で、どちらも草花をイメージして選んでみました。
よかったら参考にしてみて下さいね。


まだ4月なのに急に真夏日並みの暑さが続いているので、体調管理には気をつけて下さいね。
では、また来月もお楽しみに!!

2015年3月27日

皆さん、こんにちわ。
最近、暖かくなり過ごしやすい季節になりました。
しかし、花粉がたくさん飛散して花粉症の私にはとても辛い季節です。
皆さんは花粉症は大丈夫でしょうか?


さて、矯正を始めて9ヶ月になりました。
前回より上の歯にも装置が付き、最初の歯並びを忘れるぐらい綺麗な歯並び、噛み合わせになってきているのを日々感じています。

今回は2週間ぐらい前から始まった顎間ゴムについて説明したいと思います。
兼田 顎間ゴム
→で示しているのが顎間ゴムです。
このゴムは掛け方によって作用は違いますが、先生の指示を正しく守ってゴムをするのと、守らずゴムをしないのとでは、最終の噛み合わせの出来上がりや装置を外すまでの期間が変わってくるので、本当に大切なものになります。

兼田 二級ゴム
この絵のゴムの掛け方は、下顎の後方部から上顎の前方部に掛ける方法です。
これは上の歯を後ろに下げる作用と、下の歯を前に出す作用がある為、出っ歯の歯並びの時に用います。
私も今この掛け方で食べる時と歯磨きの時以外は頑張って掛けています。

兼田 三級ゴム
この絵のゴムの掛け方は、上顎の後方部から下顎の前方部に掛ける方法です。
これは下の歯を後ろに下げる作用と、上の歯を前に出す作用がある為、反対咬合の歯並びの時に用います。

あと他に上の3番目と下の3番目の歯に垂直にゴムを掛ける方法もあります。
これは、噛み合わせが浅く咬合の緊密化を図る為に用います。

最初は鏡を見ながらでないと難しいですが、慣れてくると鏡なしでも簡単に掛ける事が出来るようになります。
私もしっかりゴムを掛けて理想の噛み合わせに近づけ早く装置を外せるように頑張ります。

最後に恒例のカラーモジュールの紹介です。
兼田 27年3月 カラーモジュール

今回は春ということで、濃いピンクと薄いピンクで桜をイメージしてみました。
よかったら参考にしてみて下さい。

花粉症の方はマスクとメガネで花粉症対策をしてお出かけしてくださいね。
では、また来月もお楽しみに!

2015年2月26日

皆さん、こんにちわ。
最近、寒暖の差が激しいですが体調を崩されたりさてれていないでしょうか?


さて、矯正を始めて8カ月が経ちました。
ついに上の歯に装置がつきました。
前回のブログで装置の種類をご紹介しましたが、今回私はクリアブラケット+メタルワイヤーにしました。

2015年2月 正面のサムネール画像

下の装置を付けたのが8カ月も前のことだったのですっかり忘れていましたが、やはり装置を付けて2,3日は歯が動き始める痛みが強くありました。お豆腐など柔らかいものしか食べることができませんでした。(痛みの感じ方には個人差があります。)
しかし、1週間も経てば何でも咬めるほど痛みは治まりました。(笑)
どんどん矯正が進んでいる実感があり嬉しく思っています。


では、最後に今回のカラーモジュールの紹介です。
2015年2月 カラーモジュールのサムネール画像
2015年2月 カラーモジュール正面


今回は2月でバレンタインもあったので、女の子らしく赤とピンクにしてみました。
よかったら参考にしてみて下さい。


受験シーズン真っ最中ですが、受験生の皆さん体調には十分気をつけてラストスパート頑張ってください。

では、また次回をお楽しみに!!

2015年1月22日

大変遅くなりましたが、
皆さま、あけましておめでとうございます。

さて、矯正を始めて7ヶ月がたちました。
歯並びが良くなってきているのを、日々実感しています。

次か次の次に上の装置も付けることになったので、今回はマルチブラケットの種類とそれぞれの特徴について書きたいと思います。


まずは、最もスタンダードなメタルブラケット+メタルワイヤーの組み合わせです。
メタルブラケット+メタルワイヤー模型
利点としては、他の装置に比べ少し小さいためプラークが付着しにくく、最も耐久性に優れていることと、加算料が¥0であるということです。
目立ってしまうため見た目が気になる方にはおすすめできないですが、あまり人目を気にされない方やお子様におすすめの装置です。


次は、クリアブラケット+メタルワイヤーの組み合わせです。
クリアブラケット+メタルワイヤー模型
歯に接着する粒の装置自体が透明になるため、メタルブラケットよりもかなり目立ちにくくなります。
加算料もそんなに高額にはならないので、中学生や高校生の学生の方にはおすすめの装置です。


次は、クリアブラケット+ホワイトワイヤーの組み合わせです。
クリアブラケット+ホワイトワイヤー模型
表側からのマルチブラケット装置の中で、最も目立たないのがこのタイプです。
遠目からではほとんどわからないかと思います。
加算料もリンガルブラケットと比べると6分の1なので、当クリニックでは成人の患者様に一番人気があります。


さいごは、リンガル(舌側)ブラケットです。
リンガルブラケット模型
リンガル咬合面 模型
歯列の裏側(下側)に付けるため、外側からは全く見えません。
装置が見えるのが絶対に嫌という方や、お仕事上装置が見えては困る方などにおすすめの装置です。
ただ、上下共リンガルブラケットにするとかなり高額になってしまうため、当クリニックでは上のみリンガルブラケットで下はクリアブラケット+ホワイトワイヤーにされる
患者様が多いです。
リンガルブラケット+クリアブラケット模型
下の歯は下唇に隠れるためこの組み合わせでもほぼ目立つことはありません。

では、最後に恒例のカラーモジュール紹介です。
H27.1 カラーモジュール兼田
今回は冬をイメージしてティールとライトブルーの組み合わせにしました。
他のスタッフが言うには、アナ雪っぽいとのことでした。(笑)
よかったら参考にしてみて下さい。


では、本年もどうぞよろしくお願い致します。

2014年12月30日

みなさん、こんにちわ。
今年もあと残すところ2日になりました。年末の忙しい中、ブログを読んで頂きありがとうございます。
インフルエンザがとても流行っていますが、大丈夫でしょうか?

さて、矯正を始めて6ヶ月が経ちました。
矯正を始める前の歯並びを忘れるぐらいきれいになってきました。
特に下の一番奥の内側に倒れていた歯の変化はすごく感じます。

この写真は、矯正前の検査の時の写真です。
データ時 下顎.jpg兼田
咬む面が見えないほど内側に倒れていました。

次の写真は、矯正を始めて4ヶ月の写真です。
10月下顎.jpg兼田
少しづつ起きてきましたが、まだ内側に倒れていました。

次の写真は、矯正を始めて6ヶ月の写真です。
12月下顎②.jpg兼田のサムネール画像
ほぼ他の歯と変わらないほど起きてきました。


最後に恒例のカラーモジュールの紹介です。
12月カラーモジュール.jpg兼田のサムネール画像
12月正面②.jpg
今回はもうすぐお正月ということで、おめでたい紅白にしてみました。
よかったら、参考にしてみて下さい。


今年の更新は今回が最後になります。また、来年も宜しくお願いします。
では、みなさん良いお年をお迎え下さい

2014年11月28日

皆さん、こんにちわ。
とても寒い日が続いていますが、風邪などひかれていないでしょうか


さて、今回は奥歯がだんだん起きてきているところを紹介したいと思います。

この写真は矯正を始めた時の写真です。
!!兼田6月咬合面
兼田6月左サイド
兼田6月右サイド
→で示した一番奥の歯がかなり内側に倒れていて装置が上の歯と当たっていた為、4番目・5番目の歯がぜんぜん咬めていませんでした。


この写真は矯正を始めて5ヶ月の写真です。
兼田11月咬合面
兼田11月左サイド
兼田11月右サイド
→で示した一番奥の歯がまだ完全ではありませんが起きてきた事により装置が上の歯と当たらなくなった為、4番目・5番目の歯が左側は咬めるようになっています。右側はまだ咬めていませんが上下の隙間が小さくなっているのがわかって頂けると思います。

自分の実感としても装置を付けた直後よりもかなり咬みやすくなり、硬いものもそれなりに食べれるようになってきました。


次は恒例の今回のカラーモジュールの紹介です。
兼田11月正面
兼田11月カラーモジュール
前回言っていた新色のネイビーとボルドーで大人っぽくしてみました。


そろそろ12月ということで、受付と待合室がクリスマスバージョンになっています。
やっぱりクリスマスが近づくとワクワクしますね。
ツリー
クリスマス飾り


次回はカラーモジュールもクリスマスカラーにしようと思っています。お楽しみに!!

2014年10月23日

皆さん、こんにちわ。
10月の祭礼も終わり、朝晩の冷え込みが厳しい季節になってきましたが、体調を崩されたりはされてないでしょうか?


さて、矯正を始めて4ヶ月がたちました。
最初の歯並びを忘れてしまうぐらい歯並びが綺麗になってきてとても嬉しいです。


今まではガタガタの歯並びがだんだん改善されてきているのを紹介しましたが、今日は出っ歯がだんだん改善されてきているのを紹介したいと思います。


口元を横(矯正開始時)
この写真は矯正を始める前の写真です。明らかに出っ歯というのがわかります。


口元を横(4カ月後)
この写真は矯正開始4カ月後の写真です。
口元を横から撮った写真で比べるとすごく改善しているのがわかって頂けるかと思います。

私の場合は下の顎が下がり過ぎていたので、下の写真のようなプレートの装置を入れることにより、下の顎を前に誘導し出っ歯を治しています。
プレート 兼田
プレートの装置で出っ歯が治らなければ上の歯を抜いて上の歯を下げなければいけなかったのですが、治ってきているので抜かない方向で大丈夫そうでよかったです。
取り外しのできるプレートの装置はやはり長い時間使うということが大切だと実感しました。

最後に今回のカラーモジュールです。
兼田 正面(4カ月後)
兼田 10月カラーモジュール
10月なのでパープルとオレンジでハロウィンカラーにしてみました。
最近新しくネイビーが増えたので次回使ってみようと思います。
皆さんもよかったら選んでみてくださいね。


だんだん寒くなってくると風邪やインフルエンザが流行る季節がやってきますが、皆さん体調には十分注意してくださいね。

では、次回もお楽しみに!!


2014年9月18日

皆さん、こんにちは。
最近、朝と夜はとても涼しく羽織るものがないと寒くなってきましたが、風邪などひいていないですか?

さて、矯正を始めて3ヶ月が経ちました。少しづつですが、歯並びが綺麗になっていくのを実感しています。
今回は、その変化を載せたいと思います。

まずは、前歯の変化です。
兼田 開始前の前歯
矯正開始前の写真です。
→の歯が内側に入っていてガタガタな歯並びでした。

兼田 1カ月後の前歯
矯正開始1カ月後の写真です。
→の歯が少しですが外側に出てきていますが、まだ少しガタガタが目立つ状況でした。

兼田 3カ月後の前歯
矯正開始3カ月後の写真です。
→の歯は完全に外側に出て、綺麗に並んでいっているのがわかって頂けると思います。
とても見えやすい歯なので綺麗に並んできているのが日々実感できて、とても嬉しいです。


次は、奥の歯の変化です。
兼田 開始前の臼歯
矯正開始前の写真です。
→の歯が内側に倒れていました。

兼田 1カ月後の臼歯
矯正開始1カ月後の写真です。
最初は、細いワイヤーからのスタートになるので、→の歯はまだ内側に倒れたままでした。

兼田 3カ月後の臼歯
矯正開始3カ月後の写真です。
前の→の歯はきちんと起きてきました。奥の→の歯も少しですが、起きてきています。
奥歯は見えにくいのでわかりづらいですが、こうやって写真を並べてみると徐々に動いてきているのがわかり、自分で一番気になっていたところなので動いてるのを実感できるととても嬉しいです。食べ物によっては不自由なこともありますが、ますます頑張ろうと思います。


最後に今回のカラーゴムです。
兼田 3カ月後の正面
カラーモジュール ボルドー&パープルのサムネール画像
今回はボルドーとパープルの2色で秋っぽく?してみました。
よかったら参考にしてみて下さい。


これから段々寒くなりますが、風邪などひかないように気をつけて下さいね。
では、また来月お楽しみに!!

2014年8月21日

こんにちは。
暑い日が続いていますが、皆さま体調を崩されたりされてないでしょうか?
水分補給をしっかりして、熱中症になれないように注意してくださいね。

さて、今回は私と同じような歯並びをされていた患者様の治療例を紹介したいと思います。

この写真は、検査をさせて頂いた時の写真です。
片山咲様1
左右とも一番奥の歯が内側にかなり倒れてしまっていました。

2枚目のこの写真は、治療を開始して8ヶ月の写真です。
片山咲様2
右の奥から2番目から左の奥から2番目までは、目立たない装置がご希望だったので舌側に粒の装置を付けての治療になりました。
一番奥の歯と奥から二番目の歯には、外側から粒の装置をつけて一番奥の歯を起こしていきました。
少しですが一番奥の歯が起きてきています。


3枚目のこの写真は、粒の装置をはずし取り外し保定装置を入れて1年後の写真です。
片山咲様3
歯並びはとてもきれいになり、あれだけ倒れていた左右の一番奥の歯もきちんと起き、しっかり噛めるようになりました。


今回は私と同じような歯並びをしていてきれいに治った患者様の治療例を紹介させて頂きました。
また、紹介できそうな患者様がいたら紹介しますね。楽しみにしていてくださいね。

私も、歯並びがきれいになるのがとても楽しみです。
では、また来月もお楽しみに。

2014年7月24日

こんにちは。
梅雨もあけ、とても暑い日が続いていますが体調を崩したりしていませんか?
十分な水分補給を心掛けてくださいね。


さて、歯に装置をつけて約1ヶ月が過ぎました。
なんと!!下の前歯に変化がでてきました。
矯正前の写真
矯正前の下顎咬合面.jpgのサムネール画像
現在の写真
7月下顎咬合面(兼).jpg
前歯のガタガタが少しづつだけど治ってきました。
目に見えて歯並びが治ってくると、とても嬉しくなります。


とはいえ、まだちゃんと噛めないので食事は大変なままです。
今回は、噛めなくても食べれるメニューを紹介します。
まずは、リゾット&サーモンのクリーム煮&卵スープです。
リゾット(兼).jpg
これは本当に噛めなくてもすごく食べやすいですよ。

次は、鶏ミンチのハンバーグ和風あんかけ(豆腐入り)
鶏ハンバーグ(兼).jpg
豆腐を入れると舌で潰せるほどやわらかくなるので食べやすいですよ。
また、いいのがあったら載せますね。よかったら参考にしてみてください。

最後に、今回のカラーゴムです。
7月正面(兼).jpg
今回は、濃いめの色でカラフルにしてみました。

夏は、始まったばかりです。熱中症&熱射病には皆さん注意してくださいね。

2014年6月26日

こんにちは。

咬合挙上プレートを入れて(矯正治療をスタートして)3週間ちょっとが過ぎました。
最初は少しだけしゃべりにくいこともありましたが、今ではプレートを入れていることすら忘れることがあるほどまで慣れました。むしろ入れていないほうが変な感じがしています。
兼田 プレート口腔内


先日、下の装置(ブラケット)が付きました。

メタルブラケット+メタルワイヤーで、カラーモジュールにしました。
兼田 下顎DBS正面プレートなし
カラーモジュールは、気分によって色を選べるし、可愛くできるので、矯正装置が見えてもOKな方にはとてもおすすめです。季節によって色を決めるのも、いいですよね。

私は、薄い色じゃなければ着色が付かないところもお気に入りの一つです。

兼田 カラーモジュール見本
こんなにもたくさん色があるので、興味のある方はスタッフまでお声かけください。


私の場合、装置を付けたことによって一つだけ大変なことがありました。

それは、なんと!!
兼田 下顎DBS咬合面(矢印あり)
噛むと装置が奥の一か所(→のところ)だけ装置が当たって前歯でしか噛めなくなってしまい、今はやわらかいものしか食べれません。

歯並びが改善してくれば噛めるようになるので、それまでの我慢です。
食べるもののおすすめは、お豆腐・春雨スープ・おうどん・グラタンなどなどです。
私はダイエットになってちょうどいいので、頑張ります(笑)

話は変わりますが、6月22日に「日本成人矯正歯科学会大会」に行って勉強してきました。
兼田 学会写真
舌のトレーニングやコミュニケーションの貴重なお話を聞かせて頂きとても勉強になりました。今後、勉強したことを活かせるように頑張ります。

アナウンサーの八木早希さんのお話も聞けたのですが、とても楽しく勉強になりました。やっぱりアナウンサーだけあって、お話が上手でとても魅力的な方でした。

とても充実した1日を過ごすことができました。


私の矯正ですが、今後はだんだん太いワイヤーに変えていって倒れてる歯を起こしてきたり、前歯のガタガタをなおしていく予定です。
次回のカラーモジュールもお楽しみに!!

2014年6月 7日

はじめまして。こんにちは。

茶野矯正歯科クリニックの歯科衛生士の兼田と申します。

何年も前から気になっていた歯並びと噛み合わせを、茶野矯正歯科クリニックで働きだしたことをきっかけにきれいに治そうと思い矯正をスタートしました。


一番気になっていたのが噛み合わせです。
兼田 下顎咬合面 編集.jpg
矢印がある左下の前から4番目の歯と左下の一番奥の歯が舌側に倒れていて左側では全然噛めていません。


二番目に気になっていたのが下の前歯のガタガタです。
とてもブラッシングがしにくくいつも歯石や歯垢、着色が付いてしまっています。


最後に気になっていたのは出っ歯です。
兼田 英美 横から
口がすごく閉じにくいのと、見た目もすごく嫌でした。

この3つのことを先生に相談し検査をしてもらいました。
その結果,
セファロ縦.jpg(青い線が理想の位置で、赤い線が私の位置を示しています。)
前に出ていると思っていた上の顎は正常な位置で、下の顎が後ろに位置しすぎているということがわかしました。

ずっと上が前に出ていると思っていたので、とてもビックリしました。
やっぱり「調べてみないとわからないことってあるなぁ」と感じました。


まずは、舌側に倒れている左下の2本の歯をまっすぐに戻すところから治療をスタートすることになりました。

噛んでしまっているとワイヤーつけて引っ張って戻そうとしても戻ってこないので、まずは噛み合わせを浅くするための取り外しのできるプレートの装置を入れることになりました。
兼田 英美プレート模型
兼田 英美プレート左側方
違和感は大丈夫かな?とか入れたまま眠れるかな?など不安でしたが、入れた時からそんなに違和感もなく、少しだけしゃべりにくいかな?ぐらいで全然大丈夫でした。
これなら1日中付けていても大丈夫そうです。


痛みなど大丈夫かな?という不安はありますが、歯並び・噛み合わせがきれいになる期待と楽しみのほうが大きい頑張ろうと思います。


矯正が終わるまで何度も更新するので、良かったらブログチェックしてみて下さい。
これからよろしくお願いします。


次は、下の歯にワイヤーの装置を付ける予定です。

スタッフからのお知らせ
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
茶野矯正歯科クリニック

茶野矯正歯科クリニック
http://www.chano-ortho.com/

当院の矯正治療は、できるかぎり痛みが少ないこと、虫歯や歯周病を防ぐことを重視し、できるだけ抜歯しない方向で考えています。決して治療を押し付けることなく、患者さんの状態やご希望を考慮した柔軟な対応を心掛けています。

患者さま一人ひとりきれいな歯並びというゴールに向かって、道具と知識と経験を駆使して満足のいく治療をご提供したいと考えています。