«  2019年4月25日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2019年4月25日

4月に入りましたが、暖かいような寒いような...
この時期に、インフルエンザB型が流行っているとニュースでしていました⁉
皆さん~気をつけてくださいね!
先日、バーベQを院長・スタッフで行いました。
少し肌寒かったのですが、食べだしたら忘れますよね~
お肉にシーフード、〆は焼うどんにデザートとフルコース(^^♪


16317706.286351F6478144694DD35DD4B43632FE.19041507.jpg
総勢14人とスタッフの子供さん3人(かわいい男のコ3人とても癒されました)
食べて喋っての5時間
あっと言う間でした。中々、ゆっくり話せる時間がないので、すごく
楽しく貴重な時を過ごせました。これを活力に頑張ろう~と思える一日でした。


16317706.D6ED3EBB00934B7FA88C93AB99A1E369.19041507.jpg

16317706.3D8F7CA3FC2FEDFD4A1FED471C9223F7.19041507.jpg


IMG_0001.JPG

休診中にお痛み、装置の不具合がありましたら7日にお電話いただけるか、
留守番電話に入れて頂ければ、こちらからご連絡させていただきます。
宜しくお願い致します。


【調整1回目】
調整の日が来ました!
前回よりどれだけ歯が動いているのかワクワクします!
比較してみると、少し変化が見られました!

前回の口腔写真
01.31.jpg

今回の口腔写真
02.16正面.jpg


今回からコイルというバネがつきました。
下の歯は重なっている部位がなかなか動きづらいために、コイルというバネを歯と歯の間に入れ、バネの力でスペースを拡げ、スペースが拡げたころに重なり引っ込んでいる歯にワイヤーを通し、並べていきます。
次回はどんなにスペースができるのか楽しみです。


〔調整から1日目〕
バネが入ったので痛みが出るだろうなーと思っていたのですが...痛みがない‼︎
たしかに、バネで押している左右の歯に力がかかると響く感じは少しありますが、痛むほどでもないです。
〔2日目〕
歯に力がかかると響く鈍痛が...
しかし、前回よりもマシな気がします‼︎
〔7日以降〕
鈍痛もおさまり、快適に過ごせています!

【ホワイトワックス】
ブラケットが当たる違和感や痛みを和らげるためのホワイトワックスについてご説明します。
たまにブラケットの角などが唇の裏に当たり、痛みや違和感を感じる時があります。
その時に、ブラケット周りをティッシュでトントンと拭き、乾燥させ、

ホワイトワックス 装着1.jpg

ワックスを丸めてギュっと装置に押し付け、カバーします。

ホワイトワックス 装着2.jpg

ホワイトワックス 装着3.jpg

そうするとブラケットの角の部分がカバーされ、唇の裏側に当たらなくなり、痛みを和らげてくれます!
装置が唇の裏側に当たり痛む時はこれをつけるだけで痛みが和らぎます‼︎
ホワイトワックスは、誤って飲み込んでしまった場合でも大丈夫なので安心して使っていただけます!
歯磨きの時には、ホワイトワックスを外してから歯磨きするようにしてください。

ホワイトワックスの説明も、ブラケットをつけた時に説明させていただいています。

4《部分矯正 開始》

【部分矯正開始】
上の歯8本、下の歯6本に粒状の部品(ブラケット)を取り付けました。
歯科専用の接着剤で粒状の部品(ブラケット)を取り付け、ワイヤーを通し、ゴムなどで固定します。
粒状の部品(ブラケット)の種類は、クリアブラケットとし、ワイヤーの種類は、ホワイトワイヤーを選択しました。

01.31.jpg


クリアブラケットにホワイトワイヤーだと意外とブラケットは目立ちにくいです。

ブラケットをつけた後、痛む場合はどうすればいいのか、歯磨きをどうやってするのか、他、注意事項をしっかりとご説明させていただきます。
ブラケットに固い食べ物が当たると外れてしまう可能性があるので、固い食べもの(フランスパンなど)は、かじらずに、小さくちぎって奥歯で咬むようにしてください。

〔装置をつけてから1日目...〕
唇の裏側にブラケットが当たる違和感がありました。
痛みは無かったです。
痛いものだと思っていたので、痛くない‼︎と驚きでした。
〔2日目...〕
上下左右犬歯のブラケットが唇の裏側に当たりその部分が傷となり痛みがありました。
ホワイトワックスという粘土状の物で、ブラケットをカバーし、傷に当たらないようにすると痛みもなくなりました!
歯の痛みは多少出てきました。
ムズムズする感じがありました。
歯に力がかかるとキーンと響く鈍痛。
痛むということは、歯が動き出しているのだと実感があり、少し嬉しくもありました。
〔3日目...〕
徐々に鈍痛が強くなってきて、響く痛みも強くなってきていました。
とりあえず、痛み止め飲んでおこうと一度だけ痛み止めを飲みました。
〔4日目以降...〕
3日目ほど痛みはなく、歯に何か当たると響く鈍痛ぐらいでした。
〔7日目...〕
やっと装置にも慣れてきてか、唇の裏側にブラケットが当たる痛みや、歯に力がかかると響く鈍痛も全くなくなりました‼︎

私には小さな子供(2歳)がいるのですが、子供と遊んでいる時に子供の頭が私の口に当たった衝撃で、ブラケットが唇の裏側に当たり、唇の裏側から出血しました。
すーごく痛かったです...
いつかそうなるかなと思っていたことが本当に起こってしまいました。
これからは当たりそうになったときはいち早く手でカバーしようと思います。
小さな子供さんがいる方は注意してくださいね!


【マルチブラケット装置の種類】
*メタルブラケット+メタルワイヤー
メタルブラケット.jpg

*クリアブラケット+メタルワイヤー
クリアブラケット.jpg

*クリアブラケット+ホワイトワイヤー

クリアブラケットホワイトワイヤー.jpg

*ブラケットが唇の裏側に当たる違和感、痛みを和らげるためのホワイトワックスのことについては次回ご説明させていただきます。

3《診断》

【診断結果】
*下の左右の親知らずを抜く
上の左右、親知らずはすでに抜歯済みで、
下の左右、親知らずは残ったままなので、歯並びが悪くなる原因でもある下の左右の親知らずを抜歯する

*部分矯正
レントゲン写真を分析していただいた結果、上顎前突(出っ歯)ではなかったため、部分矯正で矯正治療することになりました。

*矯正期間はとりあえず半年くらい
下の前歯のガタつきがきついために期間が延びる可能性あり。
歯の動きは個人差があるため、期間は確実には予測できません。

*部分矯正終了後は、保定装置を作製する
後戻りを防ぐために、矯正後には、上下に取り外し可能な装置を装着します。


次回から遂に矯正治療が始まります!

【Eライン(エステティックライン)について】
Eラインとは鼻筋や口元、フェイスラインのバランスで、横顔の美しさを表します。
顔を横から見て、鼻と顎のそれぞれの先端を結んだラインのことで、エステティックラインの頭文字EをとることでEラインとゆわれています。
唇の位置が"Eライン"上のどこにあるかによって、横顔の美しさを判断することができます。
表示画像.bmp

日本人の基準は"Eライン"上にちょうど上唇と下唇の端がくると理想的といえるでしょう。

2 《検査》


【検査】
・現在の状態を把握するために歯並びの写真を撮ります。
そうすることで、矯正を始めてからの変化を確認することもできます。
検査組写真.JPG

・顔写真を撮ります。
顔写真を正面、スマイル、斜め横、横顔を撮ることで現在の口元の状態を確認します。

・レントゲン写真を3枚撮ります。
パノラマレントゲン
歯の数や虫歯はないか、また歯根の健康状態を確認します。
11.13パノラマ.jpg


セファロ正面、側面レントゲン
出っ歯や受け口などの分析をすることができます 。

セファロ正面
11.13セファロ正面.jpg


セファロ側面
11.13セファロ.jpg


・上下の歯の型をとります
上下の噛み合わせのデータをとることで、歯並びやかみ合わせの問題点などをよりわかりやすく説明します。

模型正面.jpg


【診断】
これらの検査資料を分析し、それを元にこれからの治療計画を説明します。

【歯列矯正をするメリット、リスクとは?】
・メリット
歯並びが良くなることで、顔のラインが整ったり、笑ったときや話しているときの印象が良くなります。
また、横顔のバランス(*Eライン)も良くなります。
歯並びが正しい位置になることで、歯磨きがスムーズにやりやすくなり、磨き残しが減ることによって歯周病や虫歯などのリスクが低くなります。
他には、噛み合わせがよくなることで顎の関節にかかる左右の力のバランスが改善され、顎関節症になるリスクも低くなります。

・リスク
固定式の装置のため、歯磨きがしにくくなり、歯磨きが不十分だと虫歯になる可能性があります。
これを防ぐためにはしっかりと歯磨きをすることが重要になります。
装置がついた際にはブラッシング指導させていただいています。


*Eラインについては次回ご説明させていただきます。

治療スタート

 こんにちは。今回は治療内容についてお話しします。

1204n.jpg
 


 これが、今回使用する拡大プレートです。
この装置は取り外しが可能ですが、食事や歯みがきの時以外は
基本的に付けておく装置です。
 装置にはネジが付いており、定期的にネジを回して拡大させ、
歯が並ぶスペースを確保していきます。


1204n1.jpg


1204n2.jpg


1204n3.jpg

 装置のカラーやシールのデザインはご自分で選ぶことが出来ます。
早速出来上がった装置を見て、本人はとても喜んでいました。
 取り外しの練習も思った程の苦労も無く、一人で上手に外すことが出来ました。
 初めて装置を使う患者様でも、取り外しの練習をその場でしてもらいますので、
ご安心下さい。

« 2019年4月14日 | メイン | 2019年5月12日 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
茶野矯正歯科クリニック

茶野矯正歯科クリニック
http://www.chano-ortho.com/

当院の矯正治療は、できるかぎり痛みが少ないこと、虫歯や歯周病を防ぐことを重視し、できるだけ抜歯しない方向で考えています。決して治療を押し付けることなく、患者さんの状態やご希望を考慮した柔軟な対応を心掛けています。

患者さま一人ひとりきれいな歯並びというゴールに向かって、道具と知識と経験を駆使して満足のいく治療をご提供したいと考えています。