«  2019年4月 6日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2019年4月 6日

《相談》

私は、上下の前歯がガタついているのは、親知らずが後ろから押してきたのが原因かと思います。


3.jpg


shitaago2.jpg

今までにも歯並びは気になってはいたのですが、矯正は痛い!という印象からこのままでもいいか...と諦めていました。
茶野矯正歯科に働かせていただいているうちに、歯並びが綺麗になっていく患者様をみていると自分も矯正をしたいなーという気持ちになり、矯正をするにあたってどういうこところが大変なのか、どういうアドバイスをしたらいいのかということと、どういう痛みなのかを知っておくことは大切であるという思いと、こんなに綺麗な歯並びになれるのなら院長に相談してみよう!と思い相談させていただき、矯正をしていただくことになりました!
これから私の矯正治療の過程を記録していこうと思います。

私のように歯並びは気になるけれど、矯正する勇気がない...という方の不安を少しでも和らげ、矯正をする勇気の手助けにでもなれれば嬉しいです。

【親知らずとは...】
親知らずは中切歯(最前方の前歯を1番目)から数えて8番目にあり、永久歯(大人の歯)の中で最後に発育します。

IMG_8017.JPG


永久歯は通常15歳前後で生え揃いますが、親知らずは生える時期が概ね10代後半から20代前半であり、親に知られることなく生えてくる歯であることがその名前の由来だとも言われています。
親知らずは一般的には、上あごの左右2本と下あごの左右2本の計4本ありますが、もともと親知らずの無い人や、必ずしも4本が揃っていない人など個人差があります。親知らずの生えてくる場所が不足している、あるいは生える方向が通常と異なるために、埋まった状態であったり、傾いてきちんと生えてこないことがしばしばみられます。

« 2019年3月14日 | メイン | 2019年4月14日 »

Entries

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
茶野矯正歯科クリニック

茶野矯正歯科クリニック
http://www.chano-ortho.com/

当院の矯正治療は、できるかぎり痛みが少ないこと、虫歯や歯周病を防ぐことを重視し、できるだけ抜歯しない方向で考えています。決して治療を押し付けることなく、患者さんの状態やご希望を考慮した柔軟な対応を心掛けています。

患者さま一人ひとりきれいな歯並びというゴールに向かって、道具と知識と経験を駆使して満足のいく治療をご提供したいと考えています。