«  2019年4月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« ☆診療室のご紹介☆ | メイン | マウスピース型装置 »

2018年10月14日

拡大床とは、歯が並ぶために必要なスペースを確保する為に顎の骨を広げていきます。
子供の骨はどんどん成長していくので、負担なく広げていく事ができます。

この装置は基本的に成長期で混合歯列(乳歯と永久歯の生え変わり)の時に使用する事が多いです。


1726_f.a2018_09_02_001.jpg

1726_f.a_2018_09_02_002.jpg

この装置は取り外しができます。
食事や歯磨きの時に取り外しができるので、取り扱いが簡単です。

最初の1週間は装置に慣れるため、ネジは回さず使用します。
装着時間は基本的に食事と歯磨きの時以外はつけるようにします。
装置の着脱にも慣れたら、学校にも付けていくとより長い時間つけれます。
ただし、紛失には気をつけてくださね。

装置にネジが付いており、その部分を回すことにより装置が横に広がります。
拡大した装置を付ける事で少しづつ広げていきます。

1726_f.a_2018_09_02_003.jpg


ネジを回した直後は痛みを感じる事がありますが、(きついなー)というものはキチンとつけていれば慣れますので大丈夫です。
ただし、装置があたって口内炎が出来たり、歯ぐきがこすれて痛む時は調節すれば解消しますので、早めのお電話をお願いします。

使用時間が不足していると効果が低くなります。
装置をつけている時は広がる力が加わっていますが、外している時は若干戻っていると考えると分かりやすいと思います。

例えば、【夜寝る時に付けるのを忘れたー、1日くらい大丈夫かー】っと思っていると、次の日の朝にはキツく感じたり、入らなくなったりする事があります。

ちゃんと使用しているかどうかは装置を見ると分かりますので、決められた時間必ず使用して下さいね☆

茶野矯正歯科クリニックでは、プレートの色を黄色や青など7色から選べます。
プレートにシールも付けれて、動物やキャラクターなど、たくさんある中から3つ選ぶ事が出来ます。
お名前も漢字、ひらがな、カナカナ、ローマ字から選べてお子様のオリジナルのプレートが作れます!

出来上がった装置を見て、娘も可愛いー!っと喜んでいました☆

矯正治療は何歳になっても出来ますが、早いうちに治療を開始すると、顎の成長を生かして治療が出来ます。
このプレートも、お子様の矯正治療を考える上で選択肢の一つとしてお考え下さい☆

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.chano-ortho.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/674

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
茶野矯正歯科クリニック

茶野矯正歯科クリニック
http://www.chano-ortho.com/

当院の矯正治療は、できるかぎり痛みが少ないこと、虫歯や歯周病を防ぐことを重視し、できるだけ抜歯しない方向で考えています。決して治療を押し付けることなく、患者さんの状態やご希望を考慮した柔軟な対応を心掛けています。

患者さま一人ひとりきれいな歯並びというゴールに向かって、道具と知識と経験を駆使して満足のいく治療をご提供したいと考えています。