«  2018年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2018年12月20日

こんにちは!受付の尾後です。
以前から使用しているアソアライナーで
変化を感じています!
写真でもわかりづらいですが気になっていた
左下の歯が少し揃っている気がします。

これは一番初めの写真です↓↓

o.jpg


これが今現在です↓


as.jpg

少しの変化ですが、変わっている気がするので
嬉しいです♪

当院の年末休診のお知らせです。
年内12月28日までの診療になります為
お痛みがある方や、何かお困りの事がございましたら
お早めにご連絡頂くようお願い致します。


IMG_6419.JPG


また休診中の間に
・ブラケット装置が外れてしまった場合
→お痛みが無ければお留守番に伝言を入れて頂くか
診療日1月5日にご連絡お願いします。

・ワイヤーが出て痛みがある場合
→休日診療されている歯科医院で応急処置をして頂いて下さい。

a.jpg

・プレート装置が痛い場合
→プレートは外して頂き、夜だけ可能であればつけて下さい。
又はネジを戻してみて下さい。診療日にご連絡お願い致します。

お留守番入れて頂ければ、1月5日診療日に
こちらから折り返しさせて頂きますので
お名前とご用件をお伝えして頂くよう宜しくお願い致します。

はじめまして、歯科衛生士の車戸です。
私には、小学生の子供が2人いるのですが、
2年生の下の子の歯並びが気になっていました。
本人も、歯の事を気にする年頃になったようで
「綺麗にしたい!」と言うようになりました。


n1.jpg

n2_2018_12_01_001.jpg

n2_2018_12_01_002.jpg

そこで院長に相談し、口腔内を見てもらったところ
上顎前突(出っ歯)、スペース不足なので矯正治療が必要となりました。


実は、上の3年生の子も2年ほど前から矯正治療をはじめており
現在は治療の効果が、はっきりと出てきました。


治療前

a1.jpg

a2.jpg
 


a2_2016_06_05_002.jpg


矯正中

 


a3_2016_08_02_001.jpg

a3_2016_08_02_002.jpg


a3_2016_08_02_003.jpg

矯正途中ですが、現在この様に改善しています。


a4.jpg


a5_2018_12_01_001.jpg 

a5_2018_12_01_002.jpg
 
姉妹でも、歯並びの状態が違うので今後まず矯正治療に必要な検査を
して院長に分析していただき、治療開始となります。
これからの矯正治療を、報告していきたいと思いますので
矯正治療をお考えの方の参考になればと思います。
相談も受付けていますので、お気軽にお電話ください。
来年も宜しくお願い致します。


2018年12月 9日

拡大装置ですが、毎日頑張ってつけています。
つけるのも慣れてきて、私が言わなくてもキチンとつけてくれます。

今では友達の前でも普通に付けていますが、最初はドキドキしていました。

友達に見せて何か言われるのが不安だったようです。
まだ周りに矯正している子は少なく、友達も初めて見る物に
「それなーに?」と聞いてきましたが、「歯並びをよくするものだとよ」と伝えると
「そうなんだ」とあまり気にせず遊んでいたので、子供も安心して遊んでいました。

別の友達は「キラキラしてかわいい、私もしたい」と言われて、「いいやろー」と
自慢気にしている時もありました。

私も初めは子供の友達の反応が気になりましたが、変わらずだったので安心しました。
ママ友さんからは「矯正初めたんや、どんな感じ?」と聞かれることが多く、
矯正は気になっているものの1つなんだな、と感じました。

やはり費用や期間など気になる事も多い矯正ですが、子供の歯並びが気になる
ようでしたら一度矯正歯科に相談することをお勧めします☆


年末年始は、帰省や旅行などでお出かけする日が多くなると思います。

装置のつけ忘れや、紛失にはくれぐれもご注意ください。

来年も宜しくお願い致します。

2018年11月28日

こんにちは。12月になりましたね!!
1年あっとゆう間にすぎもうすぐクリスマス☆
サンタさんに何をお願いしようか悩みますね(^^)

当医院もすっかり院内クリスマスモード!!!
可愛いツリーが今年は2つもあります✽


尾後 みずき_2018_12_01_001.jpg

尾後 みずき_2018_12_01_002.jpg

キッズスペースもクリスマス仕様ですので
ご来院された際は可愛いクリスマスツリー達を
見て癒されて下さい。

2018年11月15日

受付の山崎です。
9月に東京で開催されたΓ歯並びコーディネーター認定研修会」に参加してきました
歯科矯正についての正しい知識をを持ち、患者様に身近な良き相談相手として、
アドバイスをすることの出来るスタッフの事であり
日本成人矯正学会が認定する専門資格です。


参加者は200名ほどで、歯科医師、衛生士、技工士、助手さんなど
来られていました。
朝から夕方までみっちり講義が行われ、最後に認定試験を受けました。
受かっているか、かなりドキドキしました。

先日矯正学会から合格通知が届き、歯並びコーディネーターの合格証書
とバッジを手にすることができました。
 


IMG_9732.JPG

IMG_9734.JPG

患者様に歯列矯正を正しく理解していただき、身近な良き相談相手として
お手伝いできればと思っています。

2018年11月 4日

こんにちは。

前回から始めた拡大床という装置は取り外しができる装置です。
ネジの部分を回し、装置が大きくなるのを利用して顎を拡大していきます。
基本的には長い時間使うのが有効で、食事や歯磨き以外つけるようにします。

装置を付け始めた子供の日常です。

朝起きて装置を外し、朝ご飯を食べて歯磨きをしたり学校に行く準備をします。

学校にもつけていってもらいたかったのですが、子供が「ちゃんとつけれるかなー。
無くさないかなー?」っと不安そうだったので、まだネジを回していない事もあり、
装置に慣れるまでは家だけでいいよ、と言うことで学校には付けずにいきました。

まだ1年生で下校時刻が早い、というのもあります。
中・高学年になるほど下校時刻が遅くなるので、学校にもつけていった方がいいと思います。

15時過ぎには帰ってくるので帰宅後おやつと宿題を終わらして16時前くらいから
再び装置をつけます。
そして夜、ご飯とお風呂を終わらして歯磨きをし、遅くても20時には装置を
つけ、ここから朝までつけています。

平日の1日の装着時間を計算すると、だいたい13時間くらいです。
1日の半分しかつけれていないので、慣れれば学校にもつけていった方が
いいなと思いました。

あと大切だな、と思ったのはきちんと装置がはまっているか押していました。

2,3日続けたら子供の方からチェックして―っと毎回来るのでかならず押していました。

するとたまに、ん、ちゃんと入っていないなーっと思うことがありました。
その時はここまで押して、と教えてもう一度自分ではめさせていました。

子供が毎回自分でして慣れてるから、と思うかもしれませんが、
装置を調整した後とか、長時間つけ忘れた後とかはハマりにくい事もありますので、
出来れば保護者の方でチェックをしてもらった方がいいと思います。

装置がお口の中に入っていても、キチンとはまっていなければ折角の治療が
無駄になってしまいます。

きれいな歯並びを目指してがんばります!

2018年10月25日

こんにちは!
朝晩肌寒くなってきました。気温の変化で体調崩されてる方も
いらっしゃいます。気をつけてくださいね

先日院内で勉強会をしました。
先天性の原因では、矯正治療で改善してきれいな歯並びになりますが、
後天性が原因(舌癖など)がある場合、矯正治療だけでは治療前の
歯並びに戻ってしまいます。
戻らないように舌癖などを改善する訓練があります。
当医院に通って頂いてる方は、幼稚園ぐらいから大人の方までと
幅広いため、理解していただき毎日続けて頂くことで改善に繋がるため
スタッフが定期的に集まり、勉強会、意見交換を行っています。
矯正治療は口元がきれいになるのはもちろん、よく咬めるようになる
虫歯の予防、口が閉じれるようになる(鼻呼吸)、発音がしやすくなる
などがあります。
全身に対するメリットもあります。(次回お伝えします)
現在通って頂いている方、矯正治療をお考えの方に本当に矯正治療を
してよかったと言って頂けるようにと思っています。
ご質問などございましたら、遠慮なくおっしゃって下さい。


IMG_8363.JPG


皆様、季節の変わり目で体調を崩してはいませんか?
これからどんどん寒くなるので気をつけましょう。


私がさせて頂いているマウスピース型装置のご紹介です!


尾後 みずき_2018_10_25_001.jpgのサムネール画像のサムネール画像


尾後 みずき_2018_10_25_002.jpg

上記写真で見ると付けているのが目立ちますが
実際にお口につけると全然目立ちません。
無色透明で歯につけるとつけている事が
分からない程で初めは付けている違和感はありましたが
すぐに慣れていきました。

この装置はソフト・ミディアム・ハードの順に
2~3週間ごとに替えていきます。
また、3~4週間に一度ご来院して頂き歯型を取り
装置を作るという過程を数回行います。

基本的に食事・歯磨き以外の時間は装置をつけていないと
いけないで一日のほとんど装置をつけていますが
透明なので気になりません。

つける時の痛みなどもほとんど無く
使用しやすいので嬉しいです!!


2018年10月14日

拡大床とは、歯が並ぶために必要なスペースを確保する為に顎の骨を広げていきます。
子供の骨はどんどん成長していくので、負担なく広げていく事ができます。

この装置は基本的に成長期で混合歯列(乳歯と永久歯の生え変わり)の時に使用する事が多いです。


1726_f.a2018_09_02_001.jpg

1726_f.a_2018_09_02_002.jpg

この装置は取り外しができます。
食事や歯磨きの時に取り外しができるので、取り扱いが簡単です。

最初の1週間は装置に慣れるため、ネジは回さず使用します。
装着時間は基本的に食事と歯磨きの時以外はつけるようにします。
装置の着脱にも慣れたら、学校にも付けていくとより長い時間つけれます。
ただし、紛失には気をつけてくださね。

装置にネジが付いており、その部分を回すことにより装置が横に広がります。
拡大した装置を付ける事で少しづつ広げていきます。

1726_f.a_2018_09_02_003.jpg


ネジを回した直後は痛みを感じる事がありますが、(きついなー)というものはキチンとつけていれば慣れますので大丈夫です。
ただし、装置があたって口内炎が出来たり、歯ぐきがこすれて痛む時は調節すれば解消しますので、早めのお電話をお願いします。

使用時間が不足していると効果が低くなります。
装置をつけている時は広がる力が加わっていますが、外している時は若干戻っていると考えると分かりやすいと思います。

例えば、【夜寝る時に付けるのを忘れたー、1日くらい大丈夫かー】っと思っていると、次の日の朝にはキツく感じたり、入らなくなったりする事があります。

ちゃんと使用しているかどうかは装置を見ると分かりますので、決められた時間必ず使用して下さいね☆

茶野矯正歯科クリニックでは、プレートの色を黄色や青など7色から選べます。
プレートにシールも付けれて、動物やキャラクターなど、たくさんある中から3つ選ぶ事が出来ます。
お名前も漢字、ひらがな、カナカナ、ローマ字から選べてお子様のオリジナルのプレートが作れます!

出来上がった装置を見て、娘も可愛いー!っと喜んでいました☆

矯正治療は何歳になっても出来ますが、早いうちに治療を開始すると、顎の成長を生かして治療が出来ます。
このプレートも、お子様の矯正治療を考える上で選択肢の一つとしてお考え下さい☆

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
茶野矯正歯科クリニック

茶野矯正歯科クリニック
http://www.chano-ortho.com/

当院の矯正治療は、できるかぎり痛みが少ないこと、虫歯や歯周病を防ぐことを重視し、できるだけ抜歯しない方向で考えています。決して治療を押し付けることなく、患者さんの状態やご希望を考慮した柔軟な対応を心掛けています。

患者さま一人ひとりきれいな歯並びというゴールに向かって、道具と知識と経験を駆使して満足のいく治療をご提供したいと考えています。