トップへ » 年齢別の矯正について » よくあるご質問 » どうして子供のうちから矯正した方がいいの?

どうして子供のうちから矯正した方がいいの?

現代人は顎が小さい方が多く、永久歯の生えるスペースが足りずに歯並びが乱れてしまうことが頻繁に起こります。そして、そうした歯並びは子供のうちにあらわれます。
子供のうちに行う矯正には「顎の成長をより良い方向に導き、永久歯が正しく生えるスペースをつくる」という目的があります。顎が完成している大人とは違い、お子さまは成長を利用して顎を拡げる治療が可能なのです。
そのため、将来的に永久歯を抜歯することなく治療できる可能性が高まります。成長過程のこの時期にしかできない治療、それが子供の矯正治療なのです。
 


トップへ » 年齢別の矯正について » よくあるご質問 » どうして子供のうちから矯正した方がいいの?


コールバック予約

PAGE TOP