トップへ » 年齢別の矯正について » あなたはどのタイプ? » 受け口(下顎前突・反対咬合)

受け口(下顎前突・反対咬合)

受け口(下顎前突・反対咬合)出っ歯の逆パターンで、反対咬合と言われることもあります。

軽度であれば、通常の矯正治療でなおせますが 重度の場合は小臼歯等の抜歯、また骨格的に下顎が非常に大きい場合は外科手術を併用することがあります。

成長期の受け口は、顔の成長に大きく影響し、受け口をそのまま放っておいてしまうと、受け口により上下のあごの成長のバランスが崩れ、三日月のような顔立ちになる可能性が高まります。

適切な時期に、矯正を開始する必要が
永久歯の生え替わりやあごの成長のバランスを診ながら、矯正開始時期を見極める必要があります。乳歯の受け口は、すぐに矯正が必要でない場合が多いですが、定期的(半年〜1年に一度)矯正歯科医のチェックが必要です。

軽度の乳歯の受け口は、前歯の生え替わりの時期に自然に治る場合もありますが、乳歯の咬み合わせと永久歯の咬み合わせは似ることが多いため、永久歯になってもそのまま受け口になってしまう場合も少なくありません。

装置は主に裏側から前歯をスプリングで押すタイプの装置、プレートタイプ、夜間に使用する取り外し式装置などがあります。


トップへ » 年齢別の矯正について » あなたはどのタイプ? » 受け口(下顎前突・反対咬合)


コールバック予約

PAGE TOP