トップへ » 年齢別の矯正について » あなたはどのタイプ? » 八重歯・乱杭歯(叢生)

八重歯・乱杭歯(叢生)

八重歯・乱杭歯(叢生)八重歯は、犬歯が飛び出して他の歯と重なっている状態です。

上下の咬み合わせが悪く、重なり合う部分がブラッシングできないため、虫歯や歯肉炎の原因になります。特に生えたばかりの永久歯は虫歯になりやすいので、小児期に歯並びをきれいにすることは、間接的に虫歯のリスクも減らすことになります。

小児矯正で、抜歯リスクが減らせる
乳歯から永久歯に生えかわるには十分なスペースが必要になります。乳歯列や混合歯列(乳歯と永久歯が混じった時期)にガタガタがあったり、八重歯がある場合、その程度にもよりますが、一般的には永久歯の抜歯を伴う矯正を行う場合が多くなります。

あごの骨の大きさと、歯の大きさのずれの度合いが大きい場合、小臼歯を抜歯してから治療を行います。また口元が突出している場合も抜歯する可能性が高くなります。

小児期に取り外し式装置を使用し、あごの成長を利用して永久歯のスペースを確保することにより、抜歯治療の可能性を大きく減らすことができます。


トップへ » 年齢別の矯正について » あなたはどのタイプ? » 八重歯・乱杭歯(叢生)


コールバック予約

PAGE TOP