トップへ » 年齢別の矯正について » あなたはどのタイプ? » しっかり噛んでも隙間ができる(開咬)

しっかり噛んでも隙間ができる(開咬)

開咬奥歯は噛んでいるのに、上下の前歯が開いたまま咬み合わすことができない状態です。指しゃぶりや口呼吸、舌で歯を押す癖などが原因と言われています。息が漏れるので発音が悪く、物を食べる時に前歯でうまく咬みきれないといった影響が出ます。

軽度であれば矯正装置で上下の歯を咬み合わせることができますが、重度の場合は外科手術を伴います。
 


トップへ » 年齢別の矯正について » あなたはどのタイプ? » しっかり噛んでも隙間ができる(開咬)


コールバック予約

PAGE TOP