トップへ » 年齢別の矯正について » 小学生について » 小学生のお子さまの負担が少ない1期治療をすすめます

小学生のお子さまの負担が少ない1期治療をすすめます

小学生の矯正について1期治療の目的は歯列の拡大や、出っ歯や受け口などの改善を目的とし、成長力を利用してあごを広げたり、誘導していく治療です。

当クリニックでの治療方針は、できる限り着脱式の矯正装置を使用しますので、お子さま自身で簡単に着け外しができ、また使用中は痛みがほとんどないため、負担が少ない無理のない矯正治療が行えます。

従来のように永久歯が生えそろうまで待ってから、いきなりワイヤーの矯正装置を使っての治療ではなく、近い将来の2期治療の期間の短縮や、歯を抜かない矯正治療が可能になります。

こんな症状に、小学生の矯正(1期治療)をお勧めします
・永久歯を抜かずに歯並びをよくしたい
・ワイヤーの装置は目立つからイヤだ
・痛くない矯正をしたい
・矯正中に虫歯にならないか心配だ


トップへ » 年齢別の矯正について » 小学生について » 小学生のお子さまの負担が少ない1期治療をすすめます


コールバック予約

PAGE TOP