トップへ » 年齢別の矯正について » 幼児について » 受け口 (反対咬合・交叉咬合)には幼児期のあいだに矯正が望ましいです

受け口 (反対咬合・交叉咬合)には幼児期のあいだに矯正が望ましいです

幼児の矯正について

乳歯は2歳ごろにすべて生えそろいます。この時点から、指しゃぶりや寝相の悪さ、遺伝的な要素などが原因になり、受け口や、あごが左右どちらかにズレて咬む兆候が現れる場合があります。

乳歯の歯並びが大幅に乱れるケースは少ないのですが、将来、受け口になる可能性があります。日頃から歯並びに注目しながら、「うちの子、ちょっと歯並びがおかしい?」と思ったら、早めに矯正専門医の診察を受けることをお勧めします。

また、「指しゃぶり」だけでなく、「舌や唇を咬む」「タオルを咬む」「爪を咬む」などの習癖は悪い歯並びの原因になりますので注意する必要があります。

乳歯を矯正する利点とは?
「そのうち生えかわってしまうのに、どうして乳歯を矯正する必要があるの」というご意見をよく耳にします。しかし、成長の目覚ましい幼児期だからこそ、効率よく正しい位置へあごの成長を導くことができるメリットがあります。

成長を利用して正しい咬み合わせにしておけば、将来的に本格的な矯正をしなくてもすむ可能性が高くなります。あごの成長を利用できる乳歯の矯正は、この時期のお子さまにしかできない大切な治療です。

放置すると、外科手術が必要になることも
受け口の原因は、遺伝のほかにお口の周りの筋肉が正常に機能していないことにあるといわれています。受け口のままでは将来的に下顎が大きく成長して、顔立ちに影響することも多いので、早めにバランスを改善しなければなりません。

大人になってからの治療は、外科手術を併用した矯正が必要になる場合がありますので、幼児期のうちの矯正治療をぜひおすすめします。


トップへ » 年齢別の矯正について » 幼児について » 受け口 (反対咬合・交叉咬合)には幼児期のあいだに矯正が望ましいです


コールバック予約

PAGE TOP