トップへ » 年齢別の矯正について » あなたはどのタイプ?

歯並びの状態から知る治療のポイント

人それぞれ咬み合わせや歯並びは異なり、矯正が必要な症状にも様々な種類があります。以下は、代表的な不正咬合の例です。治療のポイントを知るための参考にしてください。
患者さまの悩みに合わせて、最適の矯正治療を行います。

出っ歯でお悩みの方
受け口でお悩みの方
八重歯やガタガタでお悩みの方
しっかり咬んでも隙間ができてしまう方
すきっ歯でお悩みの方
 

出っ歯(上顎前突)

出っ歯(上顎前突)上の前歯が大きく前突している状態。遺伝や指しゃぶり、口呼吸が原因とも言われています。

「単に前歯が出ている」「上顎が大きい」「下顎が大きい」という3タイプの症状があり、それぞれ治療法が異なります。咬み合わせは、上の歯だけが飛び出しているケース、下顎の成長が少なく骨格的に出っ歯になっているケース、またその両方などさまざまなケースがあります。

単に前歯が出ている場合は歯を本来の位置にもどす治療を行い、あごの大きさに問題がある場合は、あご全体の成長コントロールを行う必要があります。重度の場合は、上顎小臼歯を左右1本ずつ抜歯してから治療することがあります。

早めに診断を受けて適切な治療が必要
将来的に出っ歯になりそうかどうかの予測は7才ぐらいにわかります。なるべく重度の出っ歯にならないように、小児矯正で歯の位置や上下のあごの成長のコントロールが必要になります。子供のうちに出っ歯でも、小児矯正を行うことで、将来的に永久歯を抜かずに矯正治療を行える可能性が高まります。

出っ歯を矯正治療すると、こんなメリットがあります

出っ歯を矯正治療口を閉じることができる
前歯が飛び出したままでは、お口が閉じづらいため歯や歯ぐきが乾燥しがちになります。乾燥し、唾液による殺菌作用がなくなり、虫歯になりやすく、また歯ぐきが腫れて歯肉炎になり口臭の原因にもなってしまいます。

矯正治療で前歯を内側に入れることにより、お口が閉じやすくなりこうした問題が改善できます。

歯をぶつけにくくなる
上の歯が出ているため、体育の時間やお友だちと遊んでいるときなどに歯をぶつけやすく、大切な永久歯を折ってしまうケースも多くあります。前歯を適切に内側に入れて上下前歯全体で咬み合わせができるようにすることで、たとえ歯にボールがぶつかっても衝撃を歯列全体で受け止めることができるので間接的に歯を守ります。

うまく咬み切れるようになる
前歯を適切に内側に入れることにより、上下の前歯をしっかりとかみ合わせ、食べ物がうまく咬み切れるようになります。

コンプレックスがなくなる
出っ歯による心理的ストレスも矯正治療をすることによって、子供のうちに解消できます。小さいうちはあまり気にならなくても 思春期を迎えると女の子はもちろん、男の子でもとても気にする子が増えてきます。

顔立ちがきれいに整う
成長期に出っ歯を治すと、上下のあごのバランスも整えることができ、上の奥歯を後ろに動かすことができると、歯並びだけでなく、口元を含めた顔立ちもきれいに整えることができます。
 

受け口(下顎前突・反対咬合)

受け口(下顎前突・反対咬合)出っ歯の逆パターンで、反対咬合と言われることもあります。

軽度であれば、通常の矯正治療でなおせますが 重度の場合は小臼歯等の抜歯、また骨格的に下顎が非常に大きい場合は外科手術を併用することがあります。

成長期の受け口は、顔の成長に大きく影響し、受け口をそのまま放っておいてしまうと、受け口により上下のあごの成長のバランスが崩れ、三日月のような顔立ちになる可能性が高まります。

適切な時期に、矯正を開始する必要が
永久歯の生え替わりやあごの成長のバランスを診ながら、矯正開始時期を見極める必要があります。乳歯の受け口は、すぐに矯正が必要でない場合が多いですが、定期的(半年〜1年に一度)矯正歯科医のチェックが必要です。

軽度の乳歯の受け口は、前歯の生え替わりの時期に自然に治る場合もありますが、乳歯の咬み合わせと永久歯の咬み合わせは似ることが多いため、永久歯になってもそのまま受け口になってしまう場合も少なくありません。

装置は主に裏側から前歯をスプリングで押すタイプの装置、プレートタイプ、夜間に使用する取り外し式装置などがあります。

受け口を矯正治療すると、こんなメリットがあります

受け口顔立ちが整う
受け口による上下のあごの成長のアンバランスを改善させ、お顔の良好な成長を促し、自然で美しい顔立ちに整えることができます。

コンプレックスを解消する
小児期に受け口を治すことにより、受け口による心理的ストレスをなくすことができます。

よく咬めるようになる
前歯でしっかりと咬むことができるので、咀嚼機能が高まり、消化が良くなり、健康増進ができます。
 

八重歯・乱杭歯(叢生)

八重歯・乱杭歯(叢生)八重歯は、犬歯が飛び出して他の歯と重なっている状態です。

上下の咬み合わせが悪く、重なり合う部分がブラッシングできないため、虫歯や歯肉炎の原因になります。特に生えたばかりの永久歯は虫歯になりやすいので、小児期に歯並びをきれいにすることは、間接的に虫歯のリスクも減らすことになります。

小児矯正で、抜歯リスクが減らせる
乳歯から永久歯に生えかわるには十分なスペースが必要になります。乳歯列や混合歯列(乳歯と永久歯が混じった時期)にガタガタがあったり、八重歯がある場合、その程度にもよりますが、一般的には永久歯の抜歯を伴う矯正を行う場合が多くなります。

あごの骨の大きさと、歯の大きさのずれの度合いが大きい場合、小臼歯を抜歯してから治療を行います。また口元が突出している場合も抜歯する可能性が高くなります。

小児期に取り外し式装置を使用し、あごの成長を利用して永久歯のスペースを確保することにより、抜歯治療の可能性を大きく減らすことができます。

八重歯が可愛いのは時代後れ?!

出っ歯を矯正治療ひと昔前までは、日本では八重歯はかわいいというイメージがあったようですが、欧米ではマイナスイメージの歯並びとなっています。

海外留学したお子さまが、「どうして八重歯を治さなかったのか」と不思議がられ、日本に戻ってきてからあわてて矯正治療するというのは珍しい話ではありません。

日本でも国際化が進み、外国人との交流が増え、また、歯の健康に対する意識も高まってきたので、かわいいというイメージはなくなりつつあります。お子さまの将来を考えると、八重歯は早く治療した方がよいのではないでしょうか。
 

しっかり噛んでも隙間ができる(開咬)

開咬奥歯は噛んでいるのに、上下の前歯が開いたまま咬み合わすことができない状態です。指しゃぶりや口呼吸、舌で歯を押す癖などが原因と言われています。息が漏れるので発音が悪く、物を食べる時に前歯でうまく咬みきれないといった影響が出ます。

軽度であれば矯正装置で上下の歯を咬み合わせることができますが、重度の場合は外科手術を伴います。
 

すきっ歯(空隙歯列歯)

すきっ歯(空隙歯列歯)歯と歯の間にすき間がある状態。審美性が悪く、食べ物が挟まりやすくなります。あごに対して、歯が小さすぎたり、歯が欠損していたりすることが原因です。舌で前歯を押す癖で生じるケースもあります。

人工歯ですき間を埋める治療もありますが、軽度であれば簡単な矯正装置で改善できる場合も多いため、当クリニックでは矯正による根本的な治療を勧めています。


トップへ » 年齢別の矯正について » あなたはどのタイプ?


コールバック予約

PAGE TOP