トップへ » 年齢別の矯正について » お家でできる歯並びチェック

お子さまの歯並びや口元の癖に、注目してください

お家でできる歯並びチェック

「子供の歯並びがなんとなく気になる」「学校で不正咬合を指摘された」
お子さまの歯並びのことで、お悩みの親御さんは多いものです。

2歳以下のお子さまは、たとえ乳歯の生え始めに問題があっても成長するにつれて、自然に歯並びが整うことが多いため、経過観察ですむことがほとんどです。それに対して3歳以上のお子さまの歯並びは、将来的な歯並びにも影響してきます。

歯並びの問題は、ご家庭でも簡単にチェックできます。早く不具合を見つけて、お子さまのあごの成長具合や歯の生え具合、年齢に適した矯正治療を受けてください。

気になる歯並びをそのままにしておくと、顔立ちにも悪影響が

院長紹介受け口や出っ歯などをそのままにしておくと、将来的に三日月のようなしゃくれた顔立ちになったり、口唇が突き出たような口元になるなど、歯だけではなく、顔面全体の成長にも悪影響を及ぼします。

お子さんの矯正治療は、成長期にしかできない重要な治療です。貴重な時間を無駄にしては取り返しがつかなくなります。歯並びに気になることがある時は、7~10才までに矯正歯科医の歯並びチェックをお勧めします。

治療開始時期は、一人ひとり違います
早期の適切な診断は大切ですが、適切な治療開始時期はまた別で、大人になってから治療した方がよいケースもあります。当クリニックでは、一人ひとりの将来的な歯並びを予見した見極めを行い、お母さま、お父さまと共にお子さまの将来を考えた治療を提供いたします。

幼児の場合

歯が生えはじめ、歯並びの基礎ができる時期です。この時期のお子さまに大切なのは、日常の親御さんの仕上げ磨きと、ご家庭、歯科医院での定期的なフッ素塗布です。

この時期の歯並びチェック
□ 全部で20本の乳歯が生えているか
□ 前歯の歯と歯のあいだに1〜2ミリのすき間があるか
□ 上の前歯が下の前歯より前にかぶさっているか

小学生の場合

乳歯が永久歯に生えかわり、あごが成長する時期です。まだ自分ですべてケアすることは無理なので、しっかり歯みがきができているか、親御さんのチェックが必要です。

この時期の歯並びチェック
□ 前歯の永久歯が左右で本数が同じになっているか
□ 前歯の歯と歯のあいだに1ミリのすき間があるか
□ 上の前歯は下の前歯に2〜3ミリの深さでかぶさっているか
□ 口呼吸になっていないか

中・高生の場合

永久歯に生えかわり、あごの大きさも大人とほぼ同じになっています。思春期を迎え、親御さんに反抗しやすい時期であると共に、自分の外見に悩みやすい年代。お子さまの気持ちをよく理解しながら、治療を勧めることが必要です。

この時期の歯並びチェック
□ 前歯や犬歯がきれいに生えそろっているか
□ 上の前歯は下の前歯に2〜3ミリかぶさっているか
□ 口呼吸になっていないか

年齢に関係なく、次のような点には要注意

頬づえ     頭の重さが下顎にかかり、歯並びやあごのゆがみにつながることも。
指しゃぶり   指で前歯を押すことになり、出っ歯や開咬、叢生の原因に。
唇や爪を咬む  歯に負担がかかる他、顎の咬み合わせの位置がずれたりします。
歯ぎしり    強い力が歯と歯ぐき、関節にかかり、歯並びに影響することもあります。
口呼吸     お口まわりの筋肉の正しい運動を阻害して歯並びを悪くさせます。
口を開けている 口呼吸を促進し、前歯を前方に出したり、開咬の原因になります。


トップへ » 年齢別の矯正について » お家でできる歯並びチェック


コールバック予約

PAGE TOP