トップへ » 年齢別の矯正について » 小学生について

できるかぎり「歯を抜かない矯正治療」を心がけています

歯を抜かなくてすむよう、小学生から始める矯正が重要です。

小学生の矯正について

小学生はまだ、自分自身での歯並びのセルフチェックが難しい年齢。親御さんがお子さまの特に歯の生え方に気を配ることが大切です。「歯並びがおかしいのでは」と思った時点で、まずは矯正歯科での検診(相談)が必要です。

悪い歯並びは、放置しておいても自然に良くなることは決してありません。もちろん早く矯正を始めればよいというわけではありませんが、歯並びの悪さの早期発見は改善への近道になるはずです。小学生のうちから矯正相談をうけましょう。

小学生のうちから矯正を始めるメリット
・将来永久歯を抜かずに矯正ができる可能性が高くなる
・比較的簡単な治療できれいな歯並びになる(将来、ワイヤーの矯正をしなくて済むことも)
・永久歯が正しい位置に生えるように成長を促すことができる
・咀嚼(咬むこと)や発音などの口の働きが向上する
・よく咬めるようになるので脳が刺激され、消化が良くなり健康促進(成育・成長)ができる
・ブラッシングなど歯のケアがしやすくなり、むし歯や歯肉炎の予防につながる
・笑顔に自信が持て、性格が明るくなる

1期治療について

小学生の矯正について当クリニックでは、お子さまの矯正治療は1期治療・2期治療の2段階に分けて行います。

1期治療は、乳歯から永久歯へ生えかわっていく、ちょうど小学生の段階での矯正治療のことであり、小児矯正、予防矯正とも言われています。

2期治療は永久歯が生えそろってからの仕上げ治療となります。

小学生の段階での矯正1期治療はきれいに歯並びをそろえることを第一の目的とするのではなく、あごの成長をコントロールし、永久歯が正しい位置に生えそろうように誘導したり、すべての永久歯が生えそろうことができる歯列のスペースを確保するための治療です。

もちろん、1期治療だけできれいな歯並びになり、矯正を終了されるお子さまが過半数を占めます。

当クリニックでは、出来るかぎり着脱可能な矯正装置をメインに、お子さまの不正咬合の改善に効率的で確実な治療を行っています。

小学生のお子さまの負担が少ない1期治療をすすめます

小学生の矯正について1期治療の目的は歯列の拡大や、出っ歯や受け口などの改善を目的とし、成長力を利用してあごを広げたり、誘導していく治療です。

当クリニックでの治療方針は、できる限り着脱式の矯正装置を使用しますので、お子さま自身で簡単に着け外しができ、また使用中は痛みがほとんどないため、負担が少ない無理のない矯正治療が行えます。

従来のように永久歯が生えそろうまで待ってから、いきなりワイヤーの矯正装置を使っての治療ではなく、近い将来の2期治療の期間の短縮や、歯を抜かない矯正治療が可能になります。

こんな症状に、小学生の矯正(1期治療)をお勧めします
・永久歯を抜かずに歯並びをよくしたい
・ワイヤーの装置は目立つからイヤだ
・痛くない矯正をしたい
・矯正中に虫歯にならないか心配だ

お子さまに安心な矯正治療です

小学生の矯正について床矯正装置は歯並び全体に弱い力が働く装置なので、ほとんど痛みがありません。

寝るときはもちろんのこと、勉強や宿題をしている時、テレビを見ている時も使用できますし、慣れてくればスポーツ時や学校での使用も充分可能な装置ですので、積極的に使用して早く歯並びを改善しましょう。

もちろん食事や歯みがきの時には外しますので、歯みがきに支障を来すこともなく虫歯の心配もありません。

当クリニックでは、お子さまに少しでも楽しい気持ちで治療に取り組んでいただくために、カラフルな床矯正装置をご用意しています。作成時にプレートの色や模様はお好みで選択していただけます。もちろんブラッシングの指導やフッ素塗布なども必要に応じて無料で行っています。

床矯正の治療例

床矯正の治療例次へ床矯正の治療例次へ床矯正の治療例

床矯正の治療例次へ床矯正の治療例次へ床矯正の治療例

2期治療について

小学生の矯正について永久歯が生えそろったら、ワイヤーを使用した矯正装置を使った2期治療に入ります。

1期治療を経て正しく生えそろった永久歯をきっちりと配列させ、しっかりとした咬み合わせをつくる、いわば仕上げの治療です。

1期治療の結果が良好であれば、2期治療が不要となる場合があります。なお、当クリニックでは過半数のお子さまが、2期治療が不要となっております。

お子さまの矯正には親御さんの理解と協力が不可欠

小学生の矯正についてお子さまの矯正治療を始めるには、お母さまだけでなく、お父さまやご家族にも、矯正治療の必要性について正しくご理解いただくことが重要だと考えています。

土曜・日曜日も矯正相談(カウンセリング)予約を受け付けていますので、お父さまのお休みの日に、ぜひ、ご家族そろって来院ください。

小学生の矯正(1期治療)料金表

*別途お支払い時の消費税が加算されます。
項目 イメージ 内容 価格(税別)
相談料 相談料 初診カウンセリング時に必要です(他医院からの紹介状がある場合には無料です)。 2,000円
検査料 検査料 レントゲン写真、模型作製などの費用です。 30,000円
診断料 診断料 検査結果、治療方針のご説明費用です。 10,000円
装置料 装置料 永久歯が生えそろうまでに必要なすべての装置代です。 200,000~300,000円(※)(症例により異なる)
調整料 調整料 1~1.5ヶ月毎の装置調節に必要です。 5,000円(※)
観察料 観察料 治療後の3ヶ月~6ヶ月毎の経過観察に必要です。 2,500円

※永久歯の治療(2期治療)へ移行する場合は、+200,000~250,000円が必要です。

部分矯正
*別途お支払い時の消費税が加算されます。
項目 イメージ 内容 価格(税込)
相談料 相談料 初診カウンセリング時に必要です。 2,000円
検査料 検査料 レントゲン写真、模型作製などの費用です。 10,000円
診断料 診断料 検査結果、治療方針のご説明費用です。 5,000円
装置料 装置料 治療完了までに必要なすべての装置代です。 120,000~240,000円
(症例により異なる)
調整料 調整料 1~1.5ヶ月毎の装置調節に必要です。 5,000円
観察料 観察料 治療後の3ヶ月~6ヶ月毎の経過観察に必要です。 2,500円


トップへ » 年齢別の矯正について » 小学生について


コールバック予約

PAGE TOP