トップへ » 院長について » 院長について » あごが小さくなり、歯並びの悪い子供が増えています

あごが小さくなり、歯並びの悪い子供が増えています

院長紹介現在の子供はあごが小さい傾向にあります。そうすると、永久歯の生えるスペースが足りずに歯並びが乱れてしまうことが頻繁に起こり、ガタガタの歯並びが多くなっています。

さらに、指しゃぶりや爪咬み、頬づえなどの癖、虫歯などで乳歯を早期に抜歯したことによるあごのズレ、咬む力を鍛えられないような柔らかい食べ物などが歯並びを悪くする原因となります。

アレルギー性鼻炎などによる口呼吸や舌の癖(歯の裏側を舌で押すなど)などさまざまな習癖が歯並びに影響を与えます。

また、ひどい虫歯になると早期に乳歯がだめになり抜けてしまいます。乳歯は本来それぞれ抜け替わる順番が決まっています。予定より早く抜けてしまうと永久歯が倒れて生えたり、後から生えてくる永久歯のスペースがなくなり、歯並びが悪くなり、咬み合わせの不具合が生じます。

だから、矯正治療が必要です
こうした不具合に対応し、成長過程のこの時期にしかできない治療、それが子供の矯正治療なのです。また、当クリニックでは矯正治療と共に、習癖を防止するためのトレーニングも行い、お子さまのよりよい成長に役立ちたいと考えています。


トップへ » 院長について » 院長について » あごが小さくなり、歯並びの悪い子供が増えています


コールバック予約

PAGE TOP