トップへ » 院長について » 院長について » 子供の矯正と大人の矯正は、ここが違います

子供の矯正と大人の矯正は、ここが違います

院長紹介当クリニックでは、永久歯がきれいに生えそろうように、小学生の時から矯正をスタートし、あごの成長を促進させます。

着脱式の矯正装置を用いることで、あごを緩やかに拡げることが可能です。これによって永久歯を並べるためのスペースをつくることができます。

将来、スペースを確保するために永久歯を抜く可能性をかなり低くすることができるほか、ワイヤーを使う本格矯正が必要なくなるケースもあり、装置を装着する負担や費用的な負担も抑えられます。

歯を動かしても成長期ならばスムーズに順応してくれるため、比較的負担が少なく、高い治療結果を出しやすい、ということができます。


トップへ » 院長について » 院長について » 子供の矯正と大人の矯正は、ここが違います


コールバック予約

PAGE TOP