トップへ » 院長について » 治療の流れ

矯正相談(カウンセリング)

治療の流れ矯正治療に関する心配や疑問をお聞きします。

お子さまの歯並びについて気になることや、咬み合わせの悩み、治療に対するご希望などを遠慮なくお話しください。お悩みをお聞きした上で、お口の中を診査します。

また必要に応じてレントゲン撮影も行い、歯並びの問題点、おおよその治療期間、矯正治療の流れ、使用する装置の種類についての概要、費用等のご説明をします。

次へ

矯正治療の開始を決定されたら・・・

次へ

精密検査

治療の流れ歯並びの問題の原因を分析し、矯正治療計画を立案するための検査を行ないます。

パノラマ、セファロ等の各種レントゲン撮影や、歯並び・口元の写真、そしてお口の歯型を採ります。また、専用のコンピュータを用いて歯やあごの位置関係、あごに対する歯のバランスなどを詳しく調べます。いずれも痛みを伴う検査ではありませんのでご安心ください。

また顎関節に痛みなどの症状がある場合、顎関節のレントゲン撮影と顎運動の測定を追加検査します。

次へ

診断

治療の流れ検査結果を基に、治療計画をご説明します。

精密検査の結果について、解析システムを併用しながら詳細に分析したものをお話しし、その結果から具体的な治療方針として、詳しい治療方法や装置の種類、治療期間、費用等についてご説明します。

治療法が複数考えられる場合には、それぞれの治療法について、メリット・デメリットを詳しく説明いたします。疑問に思われることや。よく分からない点はどんなささいなことでもご質問ください。お子さまとご家族にご理解・ご納得いただけるまで時間をかけてお話しします。

次へ

治療スタート

治療の流れ治療計画にご理解・ご納得していただけたら矯正装置を装着し、治療をスタートさせます。

小児矯正では、ワイヤーの交換や装置の調整のために、通常1ヶ月〜3ヶ月に1度、来院していただきます。通院間隔は歯を動かすレベルや症状によって異なります。

矯正治療の進行に合わせて、舌や口の周りの筋肉のトレーニングが必要な場合もあります。

また当クリニックでは、矯正治療に併せてブラッシング指導を行い、虫歯や歯肉炎予防にも力を入れています。メンテナンスの際には、歯科衛生士によるブラッシング指導などのサポートも行うことで、お子さまの歯磨き(ブラッシング)に対するモチベーションを高め、矯正治療中の虫歯ゼロを目指します。

混合歯列期の矯正開始(約7歳〜12歳ぐらいまで)
永久歯がまだ生えそろわない段階での矯正です。

第1期治療スタート
治療開始後は約1ヶ月ごとに装置の適合や使用状況、歯並びの改善チェックを行います。取り外し式の装置はできるだけ長時間使用することが、早く治療を進めるためのポイントです。

治療前治療中治療後

第2期治療へ移行
乳歯がすべて永久歯に生えかわった時点で歯並び・咬み合わせに不充分な点があれば、ワイヤー式矯正装置(マルチブラケット)を使用した第2期治療へ移行します。第2期治療が必要かどうかは再検査を行い、ご説明の上で決定します。ちなみに歯並びや咬み合わせに問題がなければ、成長による変化がほぼ落ち着く年齢まで、約3〜4ヶ月ごとの経過観察となります。

なお中学生以上で初めて矯正を開始される方はこのマルチブラケット装置による治療からスタートします。

治療前治療中治療後

次へ

治療終了・保定

歯並びが改善され、よい咬み合わせになれば、歯を動かすワイヤー式矯正装置を外します。
その後、理想的な位置に歯を安定させ、後戻りを防止するために、リテーナーという着け外しできる装置を入れて保定観察が始まります。保定観察中は3〜4ヶ月に1度のペースで約2年間通院していただき、歯並びのチェックを行い、矯正治療後の後戻りを防ぐと共に、お口の中全体が安定するまで経過を見ていきます

リテーナー治療終了


トップへ » 院長について » 治療の流れ


コールバック予約

PAGE TOP